『陸マイラーデビュー』したい方はこちら!

2年に1回の維持修行で、ダイヤモンドステータスを維持する方法

ようこそブログにお越し下さいました。

寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている「旅ガエル」(@tabi_frog)です。今日は、

ANAとJALの「ダイヤモンドステータス」の維持について少し考えてみた。

 

 

世の中にはお金がある方がたくさん居るようで、毎年ANAやJALのダイヤモンドステータス(JALの場合はJGPも含む。以下同じ)を維持し続けている人がいます。

中には両方を毎年維持している人などいて、凄いの一言ですよね!

 

仕事の移動で勝手に維持できるよ・・・という恵まれた方はまだしも、維持にはかなりお金もかかります。

SFCやJGCがあればそれで十分じゃないの?という考えもよく分かりますが、やはりダイヤのステータスがあると特別感が違ってくることは確かです。

・・・なので、私も両方の維持は無理だけど、片方だけ・・・と思って考えに考えていたら、

2年に1回の修行で、事実上永続的にダイヤのステータスの維持できることに(今更だけど)気が付きました\(^o^)/

ダイヤモンドステータス憧れるよね!

旅ガエル

 

 

毎年修行しなくても維持可能!

「維持」という表現はもしかしたら正しくないのかも知れません。

特にANAの場合は、「本来のステータス期間」と「事前サービス期間」を切れ目なく繋げるような形になります。まぁ基本的には大きく変わらないから「維持」でいいんですけどね(^_^)

 

これは、修行期間の末日(12月31日)と、ステイタス維持期間の末日(3月31日)にズレがあることを利用するもの。

2年に一度、1月1日~3月31日の「3ヵ月間」に、ダイヤモンドステータス達成基準に到達できれば、事実上ず~っとダイヤモンドステータスを維持できる訳です!

 

図で表現するとこんな感じ。

例えば「2019年」に入ってすぐ(①の部分)にダイヤ修行をしたとします。

そうすると到達基準に達した時点~2021年3月末まで、ダイヤモンドステータスが維持(④の部分)されます。

次の修行は2年後の「2021年」の1月~3月の3ヵ月間(②の部分)。

この②の部分でダイヤモンドステータス基準に到達すると、~2023年3月末まで、ダイヤモンドステータスが維持(⑤の部分)されます。

あとはこれを繰り返すだけですね!

 

ステータスを切れ目なく維持しようと思うと、「3ヵ月間」の間にダイヤモンドステータス基準に到達しないといけないので、この部分が大変と言えば大変です。

この3ヵ月間は、「飛行機乗りまくりの3ヶ月」になるでしょう!でもまぁそれも楽しいでしょうきっと(^_^)

2年に1回ですしね!

 

 

このやり方のメリット

  1. ダイヤのステータスに事実上切れ目が生じない!
  2. 維持費用を半分に抑えることができる!
  3. 2年に1回の修行期間もダイヤモンドステータスの状態で修行できるので、獲得マイルも多いし、優遇された状態で修行できる!

 

いいところばかりですね!

細かなことを言うと、一部の特典は毎年受けることができなくなるので(例えば、ANAの「ダイヤモンドメンバー選択式特典」、JALの「サービスセレクション」など)、毎年ダイヤ維持修行をする場合と全く同じ条件とはなりませんが、費用が実質半分で済むなら、私は迷うことなく「2年に1回」の維持修行を選びますね!

 

「ANA」と「JAL」で、これを1年ずつズラして行うというの面白いかも知れませんね!

そうすれば、両方のステータスの維持もできてしまいます。

 

 

「ANA」と「JAL」どちらを維持する?

私は基本的に「ANA派」なのですが、どちらか一方を維持するならJALの方がいいと判断しました(SFCとJGCの両方を持っていることが前提)。

理由は大きく3つ!

  1. 「JAL」には、ダイヤモンドステータスと遜色ない「JGP」というステータスがあり、ダイヤの8割で基準に到達できる!
  2. ワンワールド系列の上級会員資格は3段階に区分されていて(スターアライアンスは2段階)、JGPを取得すると、その最上位ステータス(ワンワールドエメラルド)を取得できる。
  3. JALは、毎年初回搭乗でもらえるステータスポイント(FOP)や、国内線ステータスポイント(FOP)2倍キャンペーンというのがあったりするので、ステータスポイントを(ANAに比べて)貯めやすい!

 

「JGP」は、ダイヤの8割(8万FOPor80回)で基準に到達できるので、修行コストを抑えることができます。これは大きいです。それに、サービスの内容も、ダイヤと大きく変わりません(マイル積算率が少し違うくらい)。わざわざ無理してダイヤになる必要はないと思います。

ワンワールドエメラルドのステータスを得るということは、ワンワールド系例の航空会社利用時でも、各航空会社のファーストクラスラウンジの利用が可能になります(一部不可のラウンジも有)。これはスターアライアンスにはないメリット!スターアライアンスの場合は、ビジネスクラスラウンジにしか入れないので、SFCと変わりません。ANA便にしか乗らないならまだしも、スターアライアンス系列の航空会社もバンバン利用する場合なら、SFCがあれば十分ということになります。

因みに「沸騰ワード10」という番組で、高橋真麻さんが入っていたキャセイパシフィック航空のファーストクラスラウンジも、ワンワールドエメラルドステータスがあれば入室可能です(エコノミー利用時でも利用可)。

3番目は、2年先も同じ状況なのかどうか全く分からないので、あくまで今と同じ状況が継続すれば・・・という話です。

 

 

まとめ

2年に1回の修行でダイヤモンドステータスを維持できる!

ダイヤの維持には大雑把に80万~100万くらい必要になりますが、2年に1回であれば実質その半分で維持できることになるので、趣味の範囲としてかなり現実的な金額として見ることができるような気がします。

 

 

マイレージの世界はとっても楽しい!

マイレージ制度、ちょっと複雑ではありますが、一度理解して使いこなせるようになると本当にお得です。

お得な使い方などを見つけるのは、なんだか「法律の抜け道」を探しているようでワクワクしてしまいます(^_^)

私はマイルの魅力にどっぷりとハマってしまいました(^_^;)

一日中マイルのことしか考えてないよ

旅ガエル

これからもたくさん貯めて思いっきり使いたいと思っています(^▽^)

【関連記事】
【裏ワザ?】初心者向けANAマイルの貯め方・陸マイラーになろう!JAL派の方も!

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

by旅ガエル(@tabi_frog