\\『一撃ANA「11万」マイル』の入口ここ//

IHGのロイヤルアンバサダーを狙ってみることにした!

ようこそブログにお越し下さいました。

寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている「旅ガエル」(@tabi_frog)です。今日は、

IHG「ロイヤル」アンバサダーについて。

 

200USD支払うだけで誰でもなれる「インターコンチネンタルアンバサダー

会員になっている方も多いと思います。私もなってます。

インターコンチネンタルホテルに年間2~3泊くらいする方なら十分モトが取れる内容なので人気ですよね。ANAクラウンなどIHGグループをそこそこ利用する方にもメリット多数。

 

※近く「IHGのステータス」や「インターコンチネンタルアンバサダー」についても、記事として分かりやすく纏めようと思ってます。

 

 

・・・で、200USD払えば誰でもなれる「インターコンチネンタルアンバサダー」の上には、招待制の「ロイヤルアンバサダー」ってのが存在するらしい。

公式サイトに書かれているので噂レベルではなくて確かに存在するようです。

 

 

巷のブログなど拝見すると、招待基準なるものが憶測レベルで色々書いてあります。例えば、

  • 最低3箇所の対象ホテル(インターコンチ、キンプトンなど)を利用すること
  • それら対象ホテルに有償で年間20泊以上すること
  • IHGグループに年間50~60泊以上すること
  • 対象ホテルの利用額が年間50万円以上

などなど私がネットサーフィンした限りにおいては、こんな感じのことが書いてありました。

どこまで本当なのかは全くわかりませんw

 

一方で公式サイトのFAQには「ロイヤルアンバサダー ステータスを保持する方法を教えてください。」という質問に対する答えとしてこのような記載があります。

ロイヤルアンバサダー ステータスは、インターコンチネンタル アンバサダー会員の一部を対象に、キンプトン ホテルズ&レストランツ、インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ、リージェント ホテルズ&リゾーツ、対象のシックスセンシズ ホテルズ リゾート スパの加算対象のご利用状況に基づいて1年に1回付与されます。IHG One Rewards クラブ独自の裁量による招待制です。

ここから分かることは、「先ずは200USD支払ってインターコンチネンタルアンバサダーになる必要がある」ことと「判断対象となるホテルが決まっていること」くらいでしょうか?

 

「加算対象のご利用状況」って文言も色々解釈できます。例えば、

ここでいう「加算」というのがポイントのことを意味しているなら、有償宿泊しか判断対象にならないよ・・・という風に読めるし、宿泊実績のことを意味しているならポイント泊は含むけどOTA経由の予約利用分は含まれないよ・・・とも読める。

う~ん難しいです。

 

結局は「独自の裁量」なので、IHG様の気分によってなんとでもなるw

そういうよく基準がわかないところも逆に魅力的だったりしますよね。AMEXのセンチュリオンと同じで。

 

 

そのロイヤルアンバサダー(RA)、通常のアンバサダーと比べて優れているのは、主だったところでいうと

※()内は通常のアンバサダー

  • 2ランク上の客室へのUG保証(1ランク)
  • 午前10時からのアーリーチェックイン保証(なし)
  • ラウンジアクセス(なし)
  • IHGダイヤモンドエリート付与(プラチナ)
  • 無料宿泊1泊(なし)
  • 1滞在50ドルのミニバー無料サービス

この辺りが通常のアンバサダーと異なる部分。その中でも上3つが特に大きな差ではないかと思います。

個人的には10時INできるのは凄く魅力的ですね。「10時IN」と「16時OUT」が保証されるとなると、1泊でも1.5泊分くらい滞在を楽しめそうですよね!(16時OUTは通常のアンバサダーでも保証されている)

特に仕事したいときなんか使うと便利そうです(仕事で使うなんて勿体ないとも考えられるけどw)。

 

 

ただし・・・、2022年6月以降IHGのステータス制度が一新され、

IHGグループに40泊すればインターコンチネンタルホテルを含むIHG系ホテルのラウンジ利用がOKとなる「年間ラウンジメンバーシップ特典」がスタートして、より簡単にラウンジアクセスできるようになったので、ロイヤルアンバサダーをわざわざ狙う必要性は大きく低下したと言わざるを得ません。

 

 

 

そんな中、どうしてわざわざ狙ってみるのかというと、

  • ブログネタにできそう
  • マリオットやヒルトンのステータスインフレが終わるまでの間の暇つぶし
  • IHGステータス制度変更に伴ってRA特典も来年あたり大きくアップされるのではとの期待
  • IHGステータス制度変更に伴ってRA枠を増やしたりするんじゃなかろうかとの期待
  • たまたま今年IHG系の利用が多いから

こんなところですw

 

「これだけやったらRA招待されたよ」とか「これだけやったけどRA招待こなかった」という記事は一定の需要がありそうです。

一番の理由は、上にも書いてますが「たまたま今年IHG系の利用が多い」ので、せっかくだし狙ってみるか・・・と思ったというのが正直なところです。

 

 

因みに本日2022年7月9日時点で、今年はIHG系に「76泊」していてます。

県民割のおかげw

旅ガエル

ただしその76泊のうち、RA招待の対象となるインターコンチなどは「9泊」しかありませんw

しかもその9泊のうち有償での宿泊となると僅か「5泊」(T-T)

殆どはANAクラウン利用の実績です。

 

ただ幸いにも、有償利用の5泊分はそこそこお金落としてるので、その辺りは有利に働きそうです。

巷の噂の「対象ホテル有償利用20泊」までは届かないかも知れないけど、15泊くらいまでは届きそうなので、それで招待きたらいいなぁなんて思ってます。

IHG全体の宿泊は間違いなく今年は100泊を超えていくと思うので、その辺りが有利に作用してくれるとよいのですが・・・

 

今年に入って何回かインターコンチネンタルホテルを利用しましたが、(マリオットやヒルトンに比べて)ラウンジも人が少なく静かですし、内容も充実していて良い印象しかないです。

今後はラウンジ利用者も増えてくると思うので少し状況は変わってきそうですが、それでも今のマリオットやヒルトンの混雑状況までには至らないと思いますし・・・

国内にもっとたくさんホテルあると嬉しいでけどね~

 

もし読者の方でRA達成条件などお詳しい方いたら是非ともアドバイス下さい<(_ _)>

そんな感じで暫くRA修行系ネタがふえるかも知れません♪

 

 

 

マイレージの世界はとっても楽しい!

マイレージ制度、ちょっと複雑ではありますが、一度理解して使いこなせるようになると本当にお得です。

お得な使い方などを見つけるのは、なんだか「法律の抜け道」を探しているようでワクワクしてしまいます(^_^)

私はマイルの魅力にどっぷりとハマってしまいました(^_^;)

一日中マイルのことしか考えてないよ

旅ガエル

これからもたくさん貯めて思いっきり使いたいと思っています(^▽^)

【関連記事】
【裏ワザ?】初心者向けANAマイルの貯め方・陸マイラーになろう!JAL派の方も!

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

by旅ガエル(@tabi_frog