\\『一撃ANA7万マイル超』の入口こちら//

【JAL】年9万円以下のコストでJGP(JCCプレミア)を維持し続ける方法

ようこそブログにお越し下さいました。

寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている「旅ガエル」(@tabi_frog)です。今日は、

2年に一度修行を行い、年間9万円以下のコストでJGPを維持する方法について説明します。

 

Twitterでボソッと呟いたら思いのほか反響があったので記事にしましたが、裏ワザでもなんでもないし、誰もが知っているキャンペーンを利用して淡々と飛行機に乗るだけの話です。

なので「な~んだそれなら知ってるよ」と思う方も多いと思います。

誰でもやればその通りになりますが、一方で実際に行うのはそう簡単ではありません。特に会社勤めの方には極めてハードルが高いと思います。

 

 

あくまで「維持」する方法です

この記事で書いているのは、JGP(JGCプレミア)を「維持」する方法です。

最初にJGPになるには普通通りに飛びまくる必要があります。そこはある程度お金と時間をかけてやるしかありません。

MEMO
サファイアの方でもOKです。ダイヤの方ならより有利な条件で実行可能です。

 

 

 

まず「2年に一度」の修行で維持できる事を理解しよう!

修行期間(1月~12月)とステータス期間(4月~翌年3月)にズレがある点を利用して、2年に一度の修行でステータスを維持することができるという点をまず理解する必要があります。

図を添えますね。

例えば「2019年」に入ってすぐ(①の部分)にJGP修行をしたとします。

そうすると到達基準に達した時点~2021年3月末まで、JGPステータスが維持(④の部分)されます。

ここまではOKでしょうか?

 

そうすると②として示した3ヵ月間(2021年1月~3月)の間に、再び修行を行いJGPステータス基準に到達すると、今度は2023年3月末まで、JGPステータスが維持(⑤の部分)されます。

あとはこれを繰り返すだけ!

 

理解頂けたでしょうか?

要するに2年に一度、1月~3月の間に修行を行いJGP基準に到達することによって、事実上切れ目なくステータスを維持することが可能となります。

以前「2年に1回の修行でダイヤを維持する」という切り口で記事も書いてますのでご参考に!
2年に1回の維持修行で、ダイヤモンドステータスを維持する方法

 

 

 

その上で「国内線FOP2倍キャンペーン」を利用する

JALのステータス(ダイヤモンド、サファイア、クリスタル)を達成した人が、

ステータス基準を達成した年の翌年度(4月~3月)の好きな1ヵ月の間だけ、

FLY ONポイントが「2倍」積算されるというキャンペーン!

ご存じの方も多いと思います。

キャンペーンについて詳しくはこちら

注意
2020年は2倍ではなく「1.5倍」となることが発表されました(こちら)。よって、必要コストもこれに連動して「9万」→「12万」くらいに上昇します(T-T)

 

例えば、ウルトラ先得運賃で、羽田-那覇を1往復すると、通常「2,952FOP(1,476×2)」のステータスポイントが積算されますが、このキャンペーン期間だとその2倍の「5,904FOP」が積算されます。

14往復すれば、80,000FOPを超えるので、JGP達成\(^o^)/という、爆発的な威力があります。

MEMO
「JALカード会員限定 初回搭乗 FLY ON ポイントボーナスキャンペーン」で5,000FOPが加算されることを前提とすれば、13往復で足ります。

 

注目すべきは、FOP2倍の月は、ステータス基準を達成した年の翌年度(4月~3月)の好きな1ヵ月」という点。

「翌年」じゃなくて「翌年度」です。

要するに、ステータス基準を達成した年の翌々年の1月~3月に適用可能だという点がミソなのです!

 

FOP2倍キャンペーンについても別記事を用意しているので興味ある方はどうぞ
JALステータス維持には「国内線FLY ON ポイント1.5倍キャンペーン」を有効活用しよう!

 

 

 

14日間かけて毎日「HND-OKA」を一往復する

もうお分かりかと思いますが、2年に一度の修行期間にFOP2倍月を適用させ、その1ヵ月の間にウルトラ先得でHND-OKAを14往復すればOK!

更にこれに留まらず、値段の安い便を狙い撃ちするのです( ̄ー ̄)v

 

しかし、安い運賃を狙おうと思うと、1日1往復しかできません。

ウルトラ先得で、HND-OKAの最も安い運賃は約9,000円。

因みに2019年2月の実績だと、8,890円が最安値(JAL904便、JAL921便など)。

こういった便を狙って毎日一往復だけします。

 

計28レグとなるので、1レグ9,000円として、

9,000円×28レグ=252,000円。

 

 

また、搭乗によってマイルが貯まりますよね!

既に「JGP」で且つ「ツアープレミアム」を申し込んでいることを前提とすれば、HND-OKAの普通席での搭乗で「1レグ=1,759マイル」が積算されます。

28レグだと「49,252マイル」

MEMO
サファイヤステータスの方も同じだけマイルバックされます。ダイヤの方であれば、54,404マイル積算されます。

 

積算されたマイルは1.5倍のレートでeJALポイントに交換できるので、

49,252マイル✕1.5=73,878eJALポイント

MEMO
実際に1.5倍のレートでeJALポイントに交換するには10,000マイル単位となるので、上のような端数での交換は不可能です。

 

このeJALポイントを252,000円から差し引くと、

250,000円ー73,878eJALポイント=178,122円

 

実質負担、178,122円で、JGPステータスを維持することができるという訳です。

しかもこれは2年に一度必要となるコストなので、年換算すれば、9万円未満となります。

注意
実際に行う場合は、空港までの交通費やホテル代、食事などが別途必要です。

 

今回は「JGPを維持する」という記事にしてますが、全く同じ考え方で、「ダイヤ」や「サファイア」の維持も可能です。

飛行機代が少し割高になりますが、1日2往復して7日間で済ませる・・・という手もアリですね。ホテル代まで考えると、もしかしたらその方がトータルで安上がりになる可能性も十分にあると思います。

 

 

 

まとめ

年9万円のコストなら、JGP維持は「アリ」です!

スターアライアンスと異なり、ワンワールドのステータスは「エメラルド」「サファイア」「ルビー」の3段階。

JGPのステータスがあると、ワンワールドステータスの最高峰である「エメラルド」扱いになります。

 

これはJAL以外のワンワールド系航空会社(例えばキャセイなど)を利用する際にとても強力な武器になる。

毎年修行してステータスを維持するという行為には、私はどちらかというと否定的な見解保持者ですが(そのお金があるならもっと旅行に行ったり知らない航空会社に乗ってみたいから)、年9万円のコストでワンワールドエメラルドを維持できるというのは非常に魅力的だと思っています。

なので、当面(飽きるまで)この方法をメインにJGPは維持し続ける予定です。

 

FOP2倍を使える1ヵ月の間に、14日間も毎日HND-OKAを一往復する必要があるので、会社員の方にはかなりハードルが高い方法になるかと思います。

幸い私はフリーランスですし、飛行機の中でも仕事をしようと思えばできるので、私にとってはそれほど難しい内容ではありません(一番の問題は妻の許可ですね間違いなく)。

 

 

 

マイレージの世界はとっても楽しい!

マイレージ制度、ちょっと複雑ではありますが、一度理解して使いこなせるようになると本当にお得です。

お得な使い方などを見つけるのは、なんだか「法律の抜け道」を探しているようでワクワクしてしまいます(^_^)

私はマイルの魅力にどっぷりとハマってしまいました(^_^;)

一日中マイルのことしか考えてないよ

旅ガエル

これからもたくさん貯めて思いっきり使いたいと思っています(^▽^)

【関連記事】
【裏ワザ?】初心者向けANAマイルの貯め方・陸マイラーになろう!JAL派の方も!

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

by旅ガエル(@tabi_frog