\\『一撃ANA8万マイル超』の入口こちら//

シンガポール「ボタニックガーデン(シンガポール植物園)」散歩に最適!世界遺産にもなってた(°0°)

ようこそブログにお越し下さいました。

寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている「旅ガエル」(@tabi_frog)です。今日は、

シンガポールにあるボタニックガーデン(シンガポール植物園)について。

 

シンガポールに行くたびに毎回必ず訪れるのが「ボタニックガーデン」。

朝ランの目的地としてボタニックガーデンまで走り、園内を散策し、その後電車でホテルまで帰る・・・というパターンが私の中での流行りです。

ランナーの方なら是非ともランニングの目的地として走ってみて欲しいですし、ランナーで無い方でも、園内を散歩するだけでもホント楽しいので一度行ってみては如何でしょうか?

飛行機修行でシンガポールは何度も来たけど、たまにはいつもと違うところに行ってみようかな?・・・なんて時にGoodです(^_^)

 

 

 

場所

場所は下のGoogleMapを見ていただくのが一番かと思います。

MRT(シンガポールの地下鉄)ですぐ近く(園の目の前)まで行くことができます(DowntownLine or CircleLineのBotanicGardens駅)。

オーチャード辺りのホテルからなら十分歩いてのアクセスも可能ですよ。

MRTの路線図はこちら

 

 

 

世界遺産になってた!

私も約5年ぶりに訪れた「ボタニックガーデン」ですが、いつの間にか世界遺産になってる((((;゜Д゜)))))))

ビックリしました!

入口にはちゃんと「世界遺産」のマークが!

いつの間に世界遺産になったのだ?・・・と思ったら、2015年と書いてある。

以前訪れた直後に世界遺産に登録されていたようです。全く知りませんでした。

でも世界遺産になったからといって、特に大きく何かが変わった感じはしませんでした。

入場料なんかも「無料」のままです\(^o^)/

 

 

 

 

敷地は広大!

こちらが園内Map

これだけだと大きさが今一つ分からないと思いますが、写真のMapの右端~左端までが直線で約2kmくらいです。

大きな池も複数あったりとかなりの規模ですよ。

ゆっくり全部見て回ろうとすればかなり時間がかかるはず。

 

園内をジョギングしている人、犬を散歩させている人、カップルでデートしている人、ベビーカー押している家族づれ等々、色んな人達がたくさん居ます。

たくさん人は居ますがそれ以上に園内が広いのでゴミゴミした感じは全くありませんよ(^_^)

 

 

 

 

時期が当たれば珍しい「花」がわんさか!

今回は「花いっぱいの時期」ではありませんでしたが、それでもこれくらいの「花」を見つけることができました。

時期によってはもっともっとたくさんの「花」が園内を満たしています。

シンガポールは赤道に近い場所にありますからね。日本と比較すると植物の種類が全く異なります。日本ではみることができない変わった「花」もたくさんありますよ~

 

 

 

園内にはレストランも!

園内にはレストランや売店も複数設置されてます。

ぼ~っと緑に囲まれながらランチなんてのもすてきじゃないでしょうか!残念ながら私はいつも園内も走ってるのでまだその経験はありませんが・・・

 

もちろんトイレもたくさん設置されているので安心です(^_^)

 

 

 

こんなのも居たりする!

園内にはこんな子達も居たりします。今回出会ったのは「カワウソ」と「オオトカゲ」?

いきなり遭遇するとマジでビックリします。特に柵などもないので、ドキドキです(^_^;)

 

 

 

まとめ

シンガポールのボタニックガーデン

ちょっと地味目な場所ではありますが、自然を満喫したい派の方にはオススメです。

マリーナベイ周辺の都会的なシンガポールも良いですが、時にはこういうシンガポールも良いですよ(^_^)

因みに今回は、ホテルのある「リトルインディア」からオーチャードを抜けて走ってアクセスしました。

帰りは電車(MRT)です。

 

 

 

マイレージの世界はとっても楽しい!

マイレージ制度、ちょっと複雑ではありますが、一度理解して使いこなせるようになると本当にお得です。

お得な使い方などを見つけるのは、なんだか「法律の抜け道」を探しているようでワクワクしてしまいます(^_^)

私はマイルの魅力にどっぷりとハマってしまいました(^_^;)

一日中マイルのことしか考えてないよ

旅ガエル

これからもたくさん貯めて思いっきり使いたいと思っています(^▽^)

【関連記事】
【裏ワザ?】初心者向けANAマイルの貯め方・陸マイラーになろう!JAL派の方も!

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

by旅ガエル(@tabi_frog