\\『一撃ANA7万マイル超』の入口こちら//

【ホーチミン】エビ釣りが超楽しい!釣り堀「タンダ」のレビュー\(^o^)/ 暇つぶしに!

ようこそブログにお越し下さいました。

寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている「旅ガエル」(@tabi_frog)です。今日は、

ホーチミンの釣り堀で「エビ釣り」にチャレンジしてきました~(^_^)v

安いし楽しいので半日空き時間があればかなりのおすすめスポット!

 

4度目のホーチミンに来ています。

昼過ぎまで暇だし何しよう・・・と思っていたところ、前回の旅行の時に時間が無くて行けなかった「エビ釣り」のことを思いだして急遽行ってみることに!

コレがとっても楽しかったのです\(^o^)/

色々と観光地を回るのもいいですが、のんびり釣り堀も悪くないです。地元の人にも娯楽として人気があるようで、ジモティーもたくさんエビ釣ってましたよ(^_^)

 

 

「THANH DA(タンダ)」

ホーチミンにはエビ釣りができる釣り堀はたくさんありますが、今回はこの「THANH DA」へやってきました。

理由は前回行こうと思って行けてなかった場所だから・・・(^_^;)

ホーチミンエビ釣り堀タンダの入口看板

看板も目立つので、近くに行けば直ぐ見つけることができました。

お店の前ではおばちゃんがバインミー売ってましたよ(^_^)

 

 

 

場所はこちら~(^_^)

ホーチミンの中心街からだと車で30分前後。私は「grab」を利用したので片道約10万ドン(約500円)。手軽に行けますね!

grabバイクなら4万2千ドン(約210円)で行けちゃいます( ̄ー ̄)

 

 

住所も置いておきます。grab貼り付け用などにどうぞ!

「428 Đường Bình Quới, Phường 28, Bình Thạnh, Hồ Chí Minh」

 

 

ほどなく到着

エビ釣り堀に行く途中の道路

現地に近づくにつれて徐々にローカル色が強くなっていきます・・・

最後は細い片側一車線の道路となるも、どこに行ってもバイクは沢山走ってます(ちょうど写真はバイクが少ないショット(^_^;))。

grabで出発して30分ほどで到着。

この道路沿い、進行方向右側にお店があります。

 

 

 

店内の様子

店内の様子はこんな感じ。

今回朝9時くらいに到着したら誰もいなくて一番竿!

お店自体は7:00~やってるようですが、まだ誰も竿を垂れていませんでした

釣り堀の中の風景

 

入った所に料金表も

なんて書いてあるのか正直分かりませんが、恐らく、

  • 最初の1時間・・・11万ドン
  • 以降1時間毎に・・・10万ドン
  • 3時間パック・・・30万ドン
  • 釣竿レンタル・・・1万ドン

こんなところじゃないかと思います。会計時のレシートから判断しても多分あってるはず・・・

 

店内には錦鯉が沢山泳いでいる池もあったり・・・

 

もちろんトイレもちゃんと用意されてます!

 

 

すべて店員さんがやってくれるので安心!

早速エビ釣りスタートですが、基本的に全て店員さんがやってくれます。

なので、エサ付けるの苦手・・・とか、釣れたエビに触れない・・・なんて方でも全然OK!

VIP気分、王様気分でエビ釣りを楽しめます(^_^)

この黄色いTシャツの彼が店員さん。ずっと横にいてほぼ専属のように面倒をみてくれます。英語は全く通じなかったので、ジャスチェーでの意思疎通。

竿のセッティング、エサ付け、釣れた時のエビの取り外し・・・などなど全て

なので、やることと言ったら竿を垂らして浮きが沈むのを待ち、沈んだら竿を上げる・・・それだけ(^_^;)

 

ビールなども売ってるので、ボケ~っと待ってればOKです。

 

店員さん曰く、泡がブクブク出ている辺りが良いそうです。恐らくその辺りにエビが居ることが多いのでしょう!

 

エビが食い付くと(ハサミで挟むと?)こんな感じで浮きがググッと沈みます。

そのタイミングで、少し強めに竿を振り上げて、針を引っ掛ければよいらしい。ゆっくり上げるとバレてしまいます。

 

釣れました\(^o^)/

 

最初の1時間ほどは全く釣れず・・・

なんだよ・・・とふてくされそうなになった辺りから浮きが沈みはじめ、計2時間の間に4匹釣れました( ̄ー ̄)

 

そうこうしている間に、お店もお客さんが増えてきてます。日本人らしき人もチラホラ・・・

 

 

釣ったエビはお店の中で食べられます!

ちょうど2時間経った辺りで釣りは終了。

店員さんに「終わり」を合図すると、エビを指差して食べる仕草。「釣ったのを食べるのか?」という意味と解釈してOKサインをするとテープル席に案内してくれます。

そこにメニューを持ってきて、調理の仕方を問われます。メニューは日本語もあるので指差しでOK。

私はノーマルに上から2つ目の焼エビ(素焼き)にしました。

料理の値段が書いてありますが、レシートを見る限りそれらしき値段は計上されておらず、会計ルールはちょっとよく分かりません(^_^;)

釣ったエビだけじゃなく、レストランとしても機能していて、普通に色々な料理を注文することもできるようです。

 

・・・で、出てきたのがこちら\(^o^)/

横に沿えてあるグリーンのソースが辛くて酸味があって最高にエビにマッチしてました!

エビも釣りたてなのでプリップリのプリップリです(^_^)

 

 

かかった費用は全部でいくら?

費用の概算です

交通費:grab片道10万ドン(約500円)×2=20万ドン(約1,000円)

釣り堀への支払合計:31万1千ドン(約1,550円)

 

合計51万1千ドン(約2,550円)

超安いです\(^o^)/

因みに釣り堀代「31万1千ドン」の内訳は恐らく、

  • 釣り堀代2時間・・・21万ドン
  • 竿レンタル・・・5千ドン
  • タイガービール4缶(350ml)・・・7万8千ドン
  • その他内訳不明・・・1万8千ドン(調理代金とかかも?)

こんな感じです。

とにかく2時間釣りも楽しめて、移動費まで含めてコレですから、日本人の感覚だと非常にリーズナブル!

 

 

まとめ

ホーチミンでの「エビ釣り」

ちょっと変わった観光になりますが、ローカルに溶け込める感じも体験でき、とっても満足度高かったです。

2度目~3度目のホーチミンなら絶対に行って面白いです(初回でも必ず面白いと思う)。

カップルで行くのもいいと思いますよ。基本的にジャンジャン釣れる感じでなく「待ちの釣り」なので、ビールを飲みながらゆっくり会話を楽しむことができますよ。

地元のオジサン・オバサンもたくさん居て普通に楽しんでるので、少しレベルの高い旅行ができた気分にも浸れます。

次回ホーチミンを訪れた時も是非またやってみたいですね(^_^) ハマりそうです!

 

 

 

マイレージの世界はとっても楽しい!

マイレージ制度、ちょっと複雑ではありますが、一度理解して使いこなせるようになると本当にお得です。

お得な使い方などを見つけるのは、なんだか「法律の抜け道」を探しているようでワクワクしてしまいます(^_^)

私はマイルの魅力にどっぷりとハマってしまいました(^_^;)

一日中マイルのことしか考えてないよ

旅ガエル

これからもたくさん貯めて思いっきり使いたいと思っています(^▽^)

【関連記事】
【裏ワザ?】初心者向けANAマイルの貯め方・陸マイラーになろう!JAL派の方も!

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

by旅ガエル(@tabi_frog