『陸マイラーデビュー』したい方はこちら!

韓国ではレンタルWi-FiよりもAmazonで買った格安SIMが超絶便利で簡単だった件

ようこそブログにお越し下さいました。

寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている「旅ガエル」です。

海外旅行用「レンタルWi-Fiルーター」って高いしずっと一緒に持ち歩いてないといけないから案外不便ですよね。前もって国内(Amazon)で買って持っていった「格安SIM Three(スリー)」が超絶便利だったのでその便利さをリポートしたいと思います。

 

私は普段、SoftBankで契約しているiPhone(iPhone7)を利用しているので、その環境を前提として比較検討しています。docomoやauも似たような状況にあると思いますが、そこまでリサーチできておりませんので、その前提でお読み下さい。<(_ _)>

 

海外で通信環境を確保するための選択肢

  • キャリア(SoftBank)の海外パケットし放題
  • レンタルWi-Fi
  • 海外SIM

国内キャリアであるSoftBankには、海外でもそのままパケットを使える「海外パケットし放題」のサービスがあるので、そのまま利用することも一応は可能です。

ただ費用が2,980円/日ととても高額。1日の使用料が25MB以下なら1,980円/日となりますが、25MBなんて直ぐ消費してしまうので、実際は2,980円/日かかると考えるべき。そうすると仮に6日間使えば2,980円×6=17,880円になってしまいます。

お金が有り余っている人以外は検討の対象外ですね。ただし、「1日だけ」といったような使い方をする場合は、事前準備などの手間を考えればこれはこれでアリとは思います。

そうすると選択肢としては、「レンタルWi-Fiルーター」「海外SIM(現地SIM)」ということになってきます。

私は昨年まではずっとレンタルWifiルーター(具体的にはにはグローバルWi-Fi)を使っていたのですが、今年に入ってから海外SIMを使うようになり、その安さと便利さの魅力にハマってしまった1人です。


主だったところを比較して表に纏めてみました。なおレンタルWi-Fiは私がいつも使っていたグローバルWi-Fiを前提としています。

先に結論を書いてしまいますが、表中の、赤字の部分が気にならないなら、海外SIMの圧勝です。

レンタルWifiルーターとの比較

比較項目 韓国用SIM「Three」 レンタルWi-Fi
費用 安い(930円/最大6日) 少し高い(970円/日)
パケット容量 3GB 500MB/日
日数制限 使いはじめてから6日間 契約した日数
現地での使い勝手 自分しか使えない 機器を常に持ち歩かないといけない
現地での作業 SIM交換作業が必要 特になし(電源入れるだけ)
出発前の準備 SIM購入 申込&受取が必要
スマホの事前準備 SIMロック解除が必要 特になし

費用

キャリアの「海外パケットし放題」に比べると随分リーズナブルではありますが、レンタルWi-Fiの場合でも970円/日の費用がかかります(500MB/日の4G大容量プランの場合)。そうすると6日間で5,820円。キャリアを利用する場合に比べると随分安くなっていますが、それでも結構します。

ちなみに250MB/日の「4G通常プラン」だと670円/日、1GB/日の「4G超大容量プラン」だと1,170円/日となります。

韓国用SIM「Three」の場合は、6日間までなら一律930円(送料込み)なので比較にならない安さです。仮に1日しか使わない場合で比較しても「Three」の方が安いですから勝負になりません。

 

パケットの容量

レンタルWi-Fiは契約プランによって容量は様々。一方「Three」の場合は、6日間で3GBとなっています。1日あたり500MBですね。ただしこの3GBというのは4G高速での容量制限です。3GBを使い切ったとしても128KBという超低速回線にはなりますが、6日間の間は無制限に使えるところが大きなポイント。LINEでのやりとり程度なら十分使えますから、海外の知らない土地で通信が完全に途絶えて終わった・・・ということにはなりません。これはレンタルWi-Fiでも同じ。

6日間全体を通してみると高速で使える容量は同じ3GBなので(レンタルWi-Fiの場合500MB×6日間)、ここは大差ないといった感じです。しかし日によってたくさん使ったり、逆にほとんど使わなかったりする日もある可能性を考えれば、1日あたりの制限がない「Three」の方が実際の使い勝手はよかったです(両方実際に使ってみた率直な感想です)。

 

日数制限

「Three」は期間が6日間と最初から決まっています。よって、「1日だけ」「2日だけ」といった契約はありません。ただ費用が圧倒的に安いので、正直気になりません。使う日数が少ない場合は動画アップやテレビ電話も気にせず使えるので、かえって便利な面もありますね。6日間以上の長期となる場合や、2~3日で3GBを使いってしまいそうな場合は、「Three」を複数枚もって行けば事足ります。

注意
「Three」は台湾の会社が運営しているSIMなので、台湾時間を基準に6日間がカウントされます。例えば台湾時間の午後11時(23時)に開通させてしまうと、1日目は1時間で終了してしまうので注意が必要です。

 

現地での使い勝手

レンタルWi-Fiの場合は常に持ち歩かないといけないので荷物になるし邪魔と言えば邪魔です。ただし複数人で同時に使えるというメリットがあります(でも一緒に行動してないと使えませんよ)。

一方「Three」はSIMその物を交換してしまうので、iPhoneだけ持ち歩いていればいいので邪魔にもならないし嵩張りません。友達と一緒には使えませんが、そもそも金額が安いので全員がそれぞれ入れておくのがベストだと思います。

 

現地での作業

海外SIMである「Three」の場合は、現地に到着してから(若しくは飛行機の中で)、SIMを交換しておく必要があります。また、交換するために取り外したSIMは、無くさないように大事に保管しておく必要があります(無くすと帰国してから困りますよ)。

レンタルWi-Fの場合は現地に到着してから電源を入れ、iPhoneをそのWi-Fiに接続するだけなので、特に難しい作業は発生しません。

なお、SIM交換作業はとても分かりやすい動画がYouTubeにありましたので、そちらを見て頂くのが一番分かると思います。iPhoneのバーションが異なっても基本的に同じです。

なお私は交換作業に必要なキットはこれを使っていて、いつもパスポートケースのカード入れに忍ばせてあります。これもAmazonで購入しました。

一旦電源を切って(切らないまま交換しても大丈夫だと思いますが、私は心配なので電源落として交換してます)上の動画のように交換するだけ。暫く置いておくと勝手に電波を拾って現地のキャリアに繋がります。設定とか何もしなくてよいので便利です。

繋がるとショートメッセージが入ってきますが、台湾語で書いてあるので何が書いてるのかサッパリ分かりません。全て無視でOKでした。

 

出発前の準備

海外SIM「Three」は、Amazonで購入。注文すれば直ぐ届きますし、送料込みの値段なので(地域によっては送料かかるのかも)なんか申し訳ないくらいです

 

レンタルWi-Fiももちろん申込みが必要です。ただレンタルWi-Fiの場合は、空港で引き取りや返却の作業が発生するので結構面倒です。

うっかり返却し忘れて自宅まで帰ってしまった苦い経験もあります。当然延滞費用が発生するので、そうなると暫く凹むこと間違いナシです。

 

スマホの事前準備

海外SIM「Three」を使う場合には、事前にiPhoneのSIMロック(SoftBank以外のSIMが使えないようにロックされている)を解除しておく必要があります(SIMフリーiPhoneの場合は最初から解除されているので不要)。

SIMロックの解除は「MYSoftBank」から手続きするだけなので難しくはありません(こちらで手続できます)。また、有料(3,000円)となりますが、近くのSoftBankショップでも解除してくれます。但し、2015年4月以前の機種はSIMロック解除ができません。また、2015年5月以降に発売された機種であっても一定の条件が必要なので、SoftBankショップなどで事前に確認しておきましょう。

なお、「SIMロック解除」は一度行えばOKなので、2度目以降は何もする必要がありません。解除できる人はこの機会に解除しておくことをオススメします。

MEMO SIMロック解除できる条件
  • 2015年5月以降に発売された機種(SIMロック解除機能を搭載したものに限ります)のSIMロック解除は、購入日(当社システムにて記録されている販売日など)より101日目以降の場合に受付可能です。
  • 以下3つの条件すべてに当てはまる場合は、機種購入日から100日以内の場合でもSIMロック解除の手続きが可能です。
    1. 2017年12月1日(金)以降に、機種変更前の対象回線でSIMロック解除を行ったことがあること
    2. 前回のSIMロック解除受付日から101日目以降であること
    3. 前回のSIMロック解除を行った機種が2015年5月以降に発売された機種であること
      ※SoftBankHPより引用

 

レンタルWi-Fiの場合は特に事前準備は必要ありませんね。この点はレンタルWi-Fiの方が楽ちんです!

 

実際に使ってみて

一言でいうと、普段とまったく同じ感覚で使えました。

飛行機の中でSIM交換作業を済ませていたので、着陸と同時にiPhoneの電源をON。

最初は電場をなかなか拾わなかったので焦りましたが、降機して入国審査に向かって歩いている途中で確認したら既に繋がっていました。貯まっていたLINEなどのメッセージが一気に入ってきてたのでホッと安心。

特に何かを設定する必要もなく、普段通りに使うだけです。「通信専用」と書かれているので、電話はできないと思います(電話してないので未確認です。ごめんなさい)。

私はソウル市内のみの滞在でしたが、常時4GLTEの高速で繋がっていました。日本で使っている感覚とまったく同じでなんの不便さも感じなかったです。

 

 

韓国以外にも周遊するような場合は「SIM2fiy」

なお、「Three」は韓国でしか使えませんが、2ヶ国以上を周遊するような場合は「SIM2fry」というSIMカードが秀逸です。

最大8日間、3GBまで使えてAmazonで1,450円(送料込み)です。この「SIM2fry」も何度も使っていますが、品質も安定していてトラブルになったことは今のところありません。自信をもってオススメできます。

日本を含む「韓国、台湾、香港、シンガポール、マカオ、マレーシア、フィリピン、インド、カンボジア、ラオス、ミャンマー、オーストラリア、ネパール」の14ヶ国で利用できます。しかも抜き差し不要。

例えば、シンガポールからマレーシアに移動しても、交換することなくそのまま使えるという自由度抜群のSIMです。

しかも日本でも使えるので(日本で使うとSoftBankのキャリアに繋がります)、出国前に交換作業をしておきそのまま持っていくことも可能です(但し日本で使いはじめた時からカウントが始まります)。

注意
「SIM2fry」はタイでは使えません!

 

 

まとめ

「SIMロック解除」と「現地でのSIM交換作業」が煩わしくないなら、事前にAmazonなどで購入した海外SIMを利用するのが一番!

現地に到着してから格安SIMを購入することもできますが、購入の手間(パスポートを見せたり店舗を探したり)を考えると事前に購入しておく方が安心・確実

海外SIMを上手に使って、楽しい旅を実現させて下さい!私もガンガン使いまくります(^▽^)

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

by旅ガエル