\\『一撃ANA10万マイル超』の入口ここ//

AMEX紹介プログラム『Web経由だとポイント付かない可能性』の真相に迫る!

ようこそブログにお越し下さいました。

寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている「旅ガエル」(@tabi_frog)です。今日は、

「AMEX入会キャンペーンのポイント付かないのが心配な人は営業担当経由で・・・」の真相について。

 

この記事には全く「根拠」というかエビデンスがありませんが、事実から逆算的に推論したものです。

あながち間違ってない(・・・というがズバリ当たってる)と思っていますが、全くの個人的見解であること予めご理解の上お読み下さい( ̄ー ̄)

 

界隈でまことしやかにに流れる噂とは・・・

『Web経由でAMEXの紹介プログラムに申込むとキャンペーンが適用されないケースがあるので、心配な人は営業担当経由で申込みましょう。営業担当経由での申込みであればそのような事はありません!』・・・という噂。

Twitterとかやってると流れてたりしてませんか?

ここで「Web経由」・・・というのは、既存のAMEX会員からもらった紹介プログラム用リンクを経由してAMEXカードに入会することを意味し、「営業担当経由」・・・というのは、AMEXの営業さん(営業担当)を経由してAMEXカードに入会することを意味します。

 

まず両者の違いを簡単に表にまとめておきます。

Web経由 営業担当経由
申込方法 Web 紙の申込書
カード発行までの時間 短い(5日間くらい) 長い(10日~2週間)
もらえるポイント 両者同じ 両者同じ

こんな感じで、Web経由の方が申込者にとっては早いし簡単だし、メリットが大きいのです。

では営業担当経由には良いことがないのか・・・と言ったらそんな事はありませんが、基本的にその良いことというのは紹介する側の人にとって良いこと」という側面が強くなります。後ほど詳しく説明します。

 

また、ちょっとややこしいのですが、営業担当経由での紹介する側の人って、実は2人居ます。

1人は既存のAMEX会員であり、もう1人は営業担当者、この2人。ここ大事なのでよく覚えておいて下さい。

既存のAMEX会員に営業担当者が付いていて、その営業さん経由で申込むことになるので「紹介する側の人」が2人登場することになるのです。

 

 

 

 

噂の原因を探る

もう一度「噂」を思い出して下さい。

『Web経由でAMEXの紹介プログラムに申込むとキャンペーンが適用されないケースがあるので、心配な人は営業担当経由で申込みましょう。営業担当経由での申込みであればそのような事はありません!』・・・というものでした。

 

要点だけを抜き出すと重要なのはこの2つ、

  • Web経由だとポイントが付かないかも
  • 営業担当経由だとそれはない

となります。

早速この2つを順に検討していきましょう!

 

 

 

Web経由だとポイントが付かないかも

最初の「Web経由だとポイントが付かないかも」について、「ANAアメックスカードだけについてその恐れがある」という条件付の噂じゃありませんでしたか?

 

コレは「ANAアメックスカード」の入会キャンペーンの適用ルールが他のカードに比べて少し複雑になっている事が原因である可能性が高いと考えます。

AMEX入会キャンペーンの基本ルールとして、「過去同じカードを発行した実績」があると入会キャンペーンが適用となりません。これは紹介プログラムや営業担当経由で入会する場合でも全く同じ。

 

例えば、以前SPGカードを所有していた人が、再度SPGカードに入会しても入会キャンペーンのポイントは貰えません。

一方で、SPGカードを持っていた人が新規にANAアメックスカードを発行する場合は入会キャンペーン適用となります。要するに、同じAMEXカードでも種類が異なればそれぞれで入会キャンペーンが原則適用されるのです。

 

ただANAアメックスカードは、このルールがちょっとだけ複雑になっていて、3種類あるANAアメックスカード(プレミアム、ゴールド、ノーマル)が一纏まりになって判断されます(因みにこの点はデルタアメックスカードも同じ)。

即ち、ANAアメックスゴールドカードに初めて入会する場合でも、過去にゴールド以外のANAアメックスカードを所有していた実績があると、入会キャンペーンは適用対象外となるのです。

この辺りを詳細に説明した記事も用意しているので、興味ある方はお読み下さい。
AMEX(アメックス)の紹介プログラムの謎・・・「当社カード」の範囲って?

 

結局何が言いたいのかというと、

「ANAアメックスカードだけについてその恐れがある」・・・というのは、申込者または紹介者がこのルールを見落として申込みをし、それで「ポイントが付かない!」とか騒ぐことが原因となっている可能性が極めて高い。

だって、他のカードでは発生しないわけですから・・・ww

理論上はデルタのカードでも同様の事が発生する可能性はありますが、デルタアメックスカードの場合、ゴールドじゃない普通のデルタアメックスカードに入会するような人はかなり稀だと思われるので、こういった問題が顕在化してこないだけだと予想できます。

 

もちろんシステム上のトラブルが絶対無いとは言えませんが、「通常申込」か「紹介プログラム」かを判定するだけの極めてシンプルなものなので、システムトラブルの可能性は無視できるレベルに低いと思います。よっぽど人的ミスの可能性の方が高いと思いますよ正直なところ!

 

 

 

営業担当経由だとそれはない

そしてもう一つの、「営業担当経由だとそれはない」という部分。

コレは紹介する側の2人にとって、その方が都合が良いからだと推察します。

 

紹介する側の人は「2人」居ましたよね! 既存「AMEX会員」と「営業担当者」の2人。

「既存AMEX会員」にとってどの部分が都合が良いかというと、営業担当経由の場合、紹介によって得られるポイント数に上限がないから。Web経由で紹介した場合には年間20万ポイント(SPGアメックスの場合は年間60万ポイント)の上限があって、それ以上紹介しても原則ポイントは貰えないのです。でも営業担当経由で紹介するとその上限に関係なく紹介したことによってポイントを獲得できる!

一方の「営業担当者」にとっては、純粋に自分の成績になるからww

だってWeb申込みの方が、より申込みも簡単だしカード発行も早いわけなのでどうしてもそちらに流れてしまう。営業担当者としては何とかそれを自分経由で入会させたいじゃないですか!だから

『営業担当経由で申込めばポイント付与ミスがないですよ!』

『万が一ポイントが付かないようなことがあったら私に言って下さいね!』

・・・という点をアピールしたくなるのではないかと?だってそれくらいしかアピールポイントないですからww

もちろん営業担当経由だからといって、入会キャンペーン適用のルールを超えてポイントが貰える事にはならないので、ANAアメックスゴールドカードに初めて入会する人が、過去にゴールド以外のANAアメックスカードを所有していた場合は入会キャンペーンは適用対象外となることに変わりはありません。

 

このように紹介する側の2人にとって、それぞれ営業担当経由で紹介するメリットが存在します。

即ち、なるべく営業担当経由で紹介したい・・・というバイアスが働きやすい環境であることは明らかです。

 

因みに、かなり人を選びますが、申込む側の人にとっても営業担当者による紹介にメリットを見出せるケースもあります。その辺りはこの記事に纏めているので是非お読み下さい。
AMEX「紹介プラグラム」の裏のウラのうら?営業担当って?

 

 

 

結論

このように、『Web経由でAMEXの紹介プログラムに申込むとキャンペーンが適用されないケースがあるので、心配な人は営業担当経由で申込みましょう。営業担当経由での申込みであればそのような事はありません!』・・・という噂については、

入会キャンペーン適用ルールの複雑さと、

紹介する側の2人のメリット

が根底にあり、それが原因でまことしやかに広まっているのではないかと考えます。

もちろんあくまで個人的にそう思ってるだけですよww

因みに私がWeb経由で紹介した人にポイントが付与されなかった・・・というケースは分かっている限りにおいては一件もありません( ̄ー ̄)

 

 

 

マイレージの世界はとっても楽しい!

マイレージ制度、ちょっと複雑ではありますが、一度理解して使いこなせるようになると本当にお得です。

お得な使い方などを見つけるのは、なんだか「法律の抜け道」を探しているようでワクワクしてしまいます(^_^)

私はマイルの魅力にどっぷりとハマってしまいました(^_^;)

一日中マイルのことしか考えてないよ

旅ガエル

これからもたくさん貯めて思いっきり使いたいと思っています(^▽^)

【関連記事】
【裏ワザ?】初心者向けANAマイルの貯め方・陸マイラーになろう!JAL派の方も!

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

by旅ガエル(@tabi_frog