\\『一撃ANA8万マイル超』の入口こちら//

ANA「VISA」ゴールドカード、ボーナスポイントが「V3ステージ」に到達すれば、プレミアムと遜色ないマイル還元レベル!

ようこそブログにお越し下さいました。

寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている「旅ガエル」(@tabi_frog)です。今日は、

ANA「VISA」ゴールドカードのポイントプログラムについて。

 

私自身も決済用メインカードとして使っているクレジットカードであり、現時点では最もお気に入りクレカの1つ。

質実剛健というか、飾り気はないけど確実に年会費以上の価値を提供してくれるカードとしてANA派の方には強く強くお勧めしたいカードです。

今回はそのポイントプログラムを、より上位クラスとなるANA「VISA」プラチナプレミアムカードと比較・検討してみました。

 

カード基本スペック

【非SFC】

ANA「VISA」ゴールド ANA「VISA」プラチナプレミアム
年会費(税別) 9,500円(割引適用) 80,000円(割引制度なし)
決済ポイント(マイル) 1,000円=1ポイント=10マイル 1,000円=1ポイント=15マイル
入会・継続マイル 2,000マイル 10,000マイル
搭乗ボーナスマイル 25% 50%
ポイント有効期限 3年 4年
ANAラウンジの利用 不可 可(国内線のみ)

ポイントと年会費に関するスペックを中心に、プレミアムカードと比較する形で表にしてみました。

ANA「VISA」ゴールドには、年会費割引制度があるので、それを利用した金額です。因みに利用しない場合は14,000円+税となります。

 

【SFC】

ANA「VISA」SFCゴールド ANA「VISA」プラチナSFCプレミアム
年会費(税別) 10,500円(割引適用) 80,000円(割引制度なし)
決済ポイント(マイル) 1,000円=1ポイント=10マイル 1,000円=1ポイント=15マイル
入会・継続マイル 2,000マイル 10,000マイル
搭乗ボーナスマイル 40% 50%
ポイント有効期限 3年 4年
ANAラウンジの利用 可(国内線・国際線) 可(国内線・国際線

スーパーフライヤーズ(SFC)のケースも、同様にして比較。

ゴールドの場合は、非SFCと比べて赤字部分が変化してます。プレミアムの場合はSFCになっても全く変化なし。

 

表の通り、プレミアムカードの方が、決済マイルを1.5倍も得ることができますが、それ以上に年会費が高過ぎです(T-T) 8倍ですから!

入会・継続マイルや搭乗ボーナスマイル更にはその他の特典を「かなり前向きに」検討したとしても、この年会費差を埋めることができるとは全く思いませんね~。

特にSFCになると、SFCの特典でANAラウンジが利用できるようになるため、プレミアムカードの一番のウリである「ANAラウンジが利用できる」という特典が大きく霞んでしまいます。

 

 

ステージボーナスで、決済ポイントの差がグッと縮まる!

三井住友カードには、前年の決済金額に応じた「ボーナスポイント」の制度が設けられています。

※ステージV1~V3に応じた「ボーナスポイント」は、2021年1月をもって廃止されることになりました(2019年7月1日追記) 

毎年2月~翌年1月の利用金額に応じて、翌年にボーナスポイントが付与されるというもの。

なので、入会後最初に訪れる2月までの間は、どう頑張ってもボーナスポイントをもらうことはできません。

 

2月~翌年1月の利用金額が300万円以上となると、10万円ごとに60ポイント(V3ステージ)

100万円~300万円未満なら、10万円ごとに30ポイント(V2ステージ)

50万円~100万円未満なら、10万円ごとに20ポイント(V1ステージ)

といった具合に付与されます(ただし最初の50万円分は、50万円達成した時点で纏めて付与)。

 

 

また、このボーナスポイントは、「1ポイント=3マイル」のレートでANAマイルに移行できます。

 

この「V3ステージ」になったとして、仮に年間1,000万円(計算を分かりやすくするため1,000万円とします。)決済したとすると、

「通常ポイント」が10,000ポイント

「ボーナスポイント」が6,000ポイント

付与されます。

 

「通常ポイント」は、ゴールドの場合「1ポイント=10マイル」なので100,000ポイント

「ボーナスポイント」は、「1ポイント=3マイル」なので18,000万ポイント

合計118,000ポイントとなり、100円決済当たりに換算すると「100円=1.18マイル」となります。

 

更にこの「ボーナスポイント」は、Gポイントに交換することが可能で「1ボーナスポイント=5Gポイント」の交換レートが適用されるので、6,000×5=30,000Gポイント。

Gポイントは、LINEポイント-メトロポイントを経由させてANAマイルに81%の交換率で交換することができますから、このルートを使って先ほどのの30,000GポイントをANAマイルに交換すれば、24,300マイル。

即ち、通常ポイントと合わせると、124,300マイルとなり、100円決済当たりに換算すると「100円=1.243マイル」となります。

 

 

実は「プレミアムカード」にはステージボーナスポイントが無い!

ここで重要なのは、上で説明したステージ毎の「ボーナスポイント」

実は、プレミアムカードではもらうことができません。

 

ぜひ公式サイトでもご確認下さい(こちら

 

プレミアムカードの大きな特徴の1つは、1,000円決済で15マイル、即ち「100円=1.5マイル」のレートで決済によるマイルを獲得できる点にありますが、ゴールドカードであっても「V3ステージ」を維持できれば、「100円=1.243マイル」のレートで決済マイルを獲得できるので、両者の差がグッと縮まります。

特に年会費の差を考慮すれば、ゴールドカードのコスパの高さが非常に際立ちます。

 

中には『毎年の決済額が少なくても「100=1.5マイル」獲得できるメリットが大きいよ!』なんて言う方も居そうですが、決済額自体が少ないとそもそも「100円=1.5マイル」のレートの良さを全く生かせないので、本末転倒に思います。

 

 

ゴールドカードで貯めた通常ポイントを最大限生かす裏ワザ!

両者を比較すると、私なら迷いなく「ゴールドカード」にします。

正直プレミアムを選択する意味が分かりませんね~

※非SFCで、ANAラウンジの利用に重きをおくならプレミアムも意味あり

 

更に、裏ワザとして、

ゴールドカードで貯めた通常ポイントを、「1ポイント=15マイル」のレートでANAマイルに交換することも可能。

 

そっと言いますよ、

ポイントがある程度貯まって有効期限切れになる前に、「プレミアムカードに切り替えればよい」のです。

 

プレミアムカードに切り替えた場合、ゴールドカード時代に貯めた通常ポイントはそのままプレミアムカードの「通常ポイント」として引き継がれ、有効期限が4年に延びると同時に「1ポイント=15マイル」のレートが使えるようになります。

この点はウェブサイトに載っていませんが、三井住友カードデスクに2度も確認(別々の担当者)しているので間違いありません。

しかもゴールドカードで決済している段階では、ステージボーナスポイントももらえるので最強にお得なわけです( ̄ー ̄)v

 

更に更に裏ワザとしては、プレミアムカードを1年使ったら再度ゴールドにダウングレードし、再びこれを繰り替えすなんてことも理論的には可能です。

ただ切り換えの度にカード番号も変わるので強くお勧めするわけではありませんが・・・(^_^;)

 

 

私は「V3」達成しました!

私は2018年8月にANA「VISA」ゴールドカードを手にしたので、来年「V3」ステージボーナスを得るには、12月15日までに300万の決済を完了する必要がありました。

なので、あらゆる支払をこのカードに集約し、約4ヵ月で「V3」達成しました\(^o^)/

これで2019年以降は、「V3」ステージで、プレミアムカードに大きく引けをとらないレートでANAマイルを獲得することができるようになりました!

来年以降は12ヵ月かけてゆっくり300万円をクリアすればよいので、普通に決済していれば自然に到達するはずです。

 

皆さんも「V3」ステージぜひ狙ってみて下さい!

因みに、リボ払によるボーナスマイル制度を活用すれば、更にボーナスマイルをもらうことができますよ(これはゴールドもプレミアムも同じ)。

 

 

マイレージの世界はとっても楽しい!

マイレージ制度、ちょっと複雑ではありますが、一度理解して使いこなせるようになると本当にお得です。

お得な使い方などを見つけるのは、なんだか「法律の抜け道」を探しているようでワクワクしてしまいます(^_^)

私はマイルの魅力にどっぷりとハマってしまいました(^_^;)

一日中マイルのことしか考えてないよ

旅ガエル

これからもたくさん貯めて思いっきり使いたいと思っています(^▽^)

【関連記事】
【裏ワザ?】初心者向けANAマイルの貯め方・陸マイラーになろう!JAL派の方も!

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

by旅ガエル(@tabi_frog