\\『一撃ANA10万マイル超』の入口ここ//

SPGアメックスの空港ラウンジ事情~「プライオリティパス」付いてるの?

ようこそブログにお越し下さいました。

寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている「旅ガエル」(@tabi_frog)です。今日は、

みんな大好きSPGアメックス(新マリオットボンヴォイAMEX)の空港ラウンジ事情について。

 

この記事に辿りついた方の中には

『SPGにプライオリティパス付帯しているんだっけ?』という方が少なからずいると思いますが、

 

答えを先に書いておくと、

残念ながらSPGアメックスカードに「Priority Pass(プライオリティパス)」は付帯していません。

ほんと「プライオリティパス」が付帯していたら旅行好きにとって突っ込み処のない完璧なカードになってしまいますが、AMEXは敢えてウィークポイントを残しているようにも思います。

個人的には年会費が1万円くらい高くなっても良いから(更に言うなら1万円で追加できるオプションならもっと素敵だけど)「プライオリティパス」が付帯して欲しいと思います。

もしそうなれば

  • ホテルの滞在
  • 飛行機チケットの確保(マイル)
  • 空港での滞在

が全て1枚で網羅できてしまう「ものすごいカード」が仕上がってしまいますね。

 

なお、このSPGアメックスカードの魅力を全方面にわたって総合的に書いた記事はこちらです。
【SPGアメックス超完全解説】(新マリオットボンヴォイAMEX)特典で年会費は無料以下の最強カード

 

 

 

SPGアメックスで使える空港ラウンジ

「プライオリティパス」は付帯していませんが、使える空港ラウンジもちゃんと用意されています。

この特典はSPGアメックスカードの特典と言うよりも「アメリカン・エキスプレス・カード」としての特典。

とっても有難いことに、自分だけでなく「同伴者1名」まで無料!

 

具体的には、以下の「29」のラウンジが利用できます(2020年3月現在)。

【北海道・東北】

新千歳空港 スーパーラウンジ
函館空港 ビジネスラウンジ『A Spring』
青森空港 エアポートラウンジ(有料待合室)
秋田空港 ロイヤルスカイ(Royal Sky)
仙台国際空港 ビジネスラウンジ

 

【関東】

羽田空港 第1ターミナル 「POWER LOUNGE CENTRAL」
羽田空港 第2ターミナル 「エアポートラウンジ(南)」
羽田空港 国際線ターミナル 「Sky Lounge」
成田国際空港 「IASS EXECUTIVE LOUNGE 1」
成田国際空港 「IASS EXECUTIVE LOUNGE 2」

 

【中部・北陸】

新潟空港 エアリウムラウンジ
富山空港 「ラウンジらいちょう」
中部国際空港 「プレミアムラウンジ セントレア」
小松空港 「スカイラウンジ白山」

 

【近畿】

伊丹空港(大阪国際空港) 「ラウンジオーサカ」
関西国際空港 カードメンバーズラウンジ 「比叡」
神戸空港 ラウンジ神戸

 

【中国・四国】

岡山空港 ラウンジマスカット
広島空港 「ビジネスラウンジ もみじ」
米子空港 ラウンジDAISEN
山口宇部空港 ラウンジ「きらら」
高松空港 「ラウンジ 讃岐」
松山空港 「ビジネスラウンジ」
徳島空港 エアポートラウンジ ヴォルティス

 

【九州・沖縄】

北九州空港 「ラウンジひまわり」
福岡空港 – 国内線ターミナル 「くつろぎのラウンジTIME」
長崎空港 ビジネスラウンジ「アザレア」
大分空港 「ラウンジくにさき」
熊本空港 ラウンジ「ASO」
鹿児島空港 スカイラウンジ 菜の花
那覇空港 ラウンジ華~hana~

 

【海外】

ダニエル・K・イノウエ国際空港 (旧ホノルル国際空港)  「IASS HAWAII LOUNGE」

 

このように、空港ラウンジが利用できるといってもその殆どが国内空港のみ(T-T)

海外は唯一ハワイホノルルのみ。

国内旅行でラウンジ使えるのはそれはそれでとっても有難いわけですが、やっぱり海外の空港でラウンジが使いたいわけです。

海外旅行だとどうしても飛行機に乗る時間も長くなるので、搭乗前にシャワーを浴びてサッパリしたいですし、

飛行機に乗り遅れると大変だから余裕をもって空港に行くと、空港で時間を持て余すことも意外と多いです。

そういう時やっぱりラウンジが使えると非常に便利!

搭乗前に軽く食事して飛行機に乗ったら即睡眠・・・みたいなこともできますし(^_^)

機内食を食べて直ぐ寝ると、さすがに胃に堪えますww

 

 

 

海外空港ラウンジを使うには?

現時点ではSPGカード自体で海外ラウンジはどうにもならないので、海外でもラウンジを使える手段を自分で別途用意するしかありません。

航空会社のステータスを持ってる人なら航空会社が用意しているより豪華な「航空会社ラウンジ」を利用することができますが、皆が皆そうじゃないはず。

そういう時どうする・・・ということになるともうコレはやっぱり「プライオリティパス」が使える立場になるのが1番手っ取り早いです。

「プライオリティパス」と似たものとして「Lounge KEY(ラウンジキー)」というのもありますが、あまり使ってるのをみたことないし、私自身使った経験が無いのでちょっと良く分かりません(^_^;)

 

 

 

「プライオリティパス」って実はけっこうお高い(T-T)

その「プライオリティパス」、実は正規に入会するとかなりお高い(T-T)

プランは3段階あって、

年会費 利用条件
スタンダード US$99 US$32/回
スタンダード・プラス US$299 10回まで無料、以降はUS$32/回
プレステージ US$429 無制限に無料

※同伴者はいずれのプランでもUS$32/1人

 

ねっ!かなりお高いのです。

利用回数無制限の「プレステージ」のプランだと年間約5万円くらい必要になります。

正直そこまで払う気にはなれません(実際に正規に入会している人に出会ったことがないですww)

 

 

 

「プライオリティパス」付帯のカードを別途発行するのが吉!

そういう時はやっぱり「プライオリティパス」が付帯しているクレジットカードを別途発行するのが1番です。

できれば年会費が安い方がいいし、

更に欲を言えばクレジットカード単体としても使えるカードがいいよね・・・となると正直現時点だとこちらの2者択一かなぁと思います。

  • 【セゾンプラチナビジネスAMEX】・・・年会費2万円(税別)
  • 【楽天プレミアムカード】・・・年会費1万円(税別)

因みに上の2つのカードに付帯するプライオリティパスはいずれも最高ランクである「プレステージ」のプランが付帯します\(^o^)/

 

とにかく年会費を安く上げたい・・・という場合は「楽天プレミアムカード」となりますが、マイラー的にカード自体の機能まで考えると「セゾンプラチナビジネスAMEX」に軍配が上がる感じでしょう。特にJALマイラーなら絶対に「セゾンプラチナビジネスAMEX」!

更に「セゾンプラチナビジネスAMEX」の場合、年間200万円以上決済に利用すると翌年度の年会費が1万円(税別)に減額されるので、そうなればコスパとしても最強となります!

 

この2つのカードを詳細に比較検討した記事も用意してるので、興味ある方は覗いてみて下さいね!(^_^)
プライオリティパス目的で楽天プレミアムカードを発行すると損かも?

 

あ~!それにしてもSPGにプライオリティパス付帯にならないかなぁ~ww

AMEXさんホントお願いします<(_ _)>

 

 

 

マイレージの世界はとっても楽しい!

マイレージ制度、ちょっと複雑ではありますが、一度理解して使いこなせるようになると本当にお得です。

お得な使い方などを見つけるのは、なんだか「法律の抜け道」を探しているようでワクワクしてしまいます(^_^)

私はマイルの魅力にどっぷりとハマってしまいました(^_^;)

一日中マイルのことしか考えてないよ

旅ガエル

これからもたくさん貯めて思いっきり使いたいと思っています(^▽^)

【関連記事】
【裏ワザ?】初心者向けANAマイルの貯め方・陸マイラーになろう!JAL派の方も!

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

by旅ガエル(@tabi_frog