\\『一撃ANA「9万」マイル超』の入口ここ//

ANAダイヤモンドを維持したくなってきた・・・

ようこそブログにお越し下さいました。

寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている「旅ガエル」(@tabi_frog)です。今日は、

久しぶりに返り咲いたANAダイヤ、維持したくなってきちゃったよ!

 

2021年、コロナの影響もあり「プレミアムポイント2倍キャンペーン」や「プレミアムメンバーステイタス獲得チャレンジ2021」などが連発して行われたことと、コロナで海外に飛べずに貯めていたマイルがダブついて使い途がなくなったこともあり、8年ぶりくらいにANAダイヤモンド修行をしてANAダイヤに返り咲きました(2021年7月末に達成)。

もちろん原資はマイルをスカイコインに交換して飛んだので、現金の持ち出しはありません。

基本私はダイヤモンドステータス維持はお金(マイル)と時間の無駄なので反対の立場なのですが、いざ返り咲いてみると「やっぱりダイヤ良いじゃない!」なんて気分になっている今日この頃ですww

 

ダイヤモンドというステータスはもちろんありがたい訳ですけど、久しぶりに飛行機乗りまくる「修行」が純粋に楽しかったというのもある!

今年2021年に行った「修行」によってダイヤモンドステータスは「2023年3月末まで」続くわけですが、それ以降も維持したいなぁ~って思い始めてまして、ぼんやりと先のことを考え始めています。

 

ダイヤは2年毎の修行で維持できる!

随分前にもブログに書いてますが、やろうと思えばANAダイヤモンドは隔年の修行で切れ目なく維持することが可能。

これは、修行期間の末日(12月31日)と、ステイタス維持期間の末日(3月31日)にズレがあることを利用するもの。

ちょっと大変ですけどねw

詳しくはこちらの記事に書いています。

2年に1回の維持修行で、ダイヤモンドステータスを維持する方法

 

 

 

2023年1月~3月の間に・・・

2021年に行った修行によって、私のダイヤモンドステータスは「2023年3月末まで」続くわけなので、上で書いた2年に一回の修行で維持するには、2023年1月~3月の間に飛行機に乗りまくってその間にダイヤ基準をクリアすればOKです。そうすれば2025年3月末まで事実上ダイヤを維持できるということになる(約2年延びる)。

まだ先の話ですが、

「やっちゃうかな~」

って思ってます。

今までと大きくルールが変わらなければ、OKA(那覇)ーHND(羽田)路線が最も修行しやすいので、大好きな「わたんじ」(←那覇にあるよく通ってる居酒屋のこと)にも通えるし😆

 

 

 

シミュレーションしてみた

・・・で、さっそく頭で妄想してみました。

幸い私は自分の仕事を自由にコントロールできる自営業なのと、PCさえあればほぼどこでも仕事できる環境にあるので、その立場を最大限に利用し、

『一ヶ月那覇に滞在して、那覇を基点として、毎日那覇ー羽田を1往復する』

というアホみたいな修行を考えてますw

そうだよ、アホだよ!

旅ガエル

 

那覇ー羽田を値段の安い運賃(スーパーバリュー系)で搭乗すると、PP(プレミアムポイント)の積算率は75%なので片道1476PP、往復だと2952PPとなる。

ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション」で計算した結果の画面がこちら。

1往復で2952PPですから30往復すると88,560PP

ダイヤ達成基準は10万PPなので少し足りないけど、まぁほぼ完了といってよいでしょう。他にも搭乗するだろうし不足分はそこでカバーできるでしょう。

 

・・・で、重要なのは運賃。運賃は「片道9,500円」と仮定します(←平均値)。

那覇を基点にすると値段の安い航空券を非常に確保しやすいので、私は修行するときいつも那覇に滞在して那覇を基点としています(その分宿泊費かかるけど)。

羽田基点でも同じくらいの運賃で確保できなくもないけど、羽田に戻ってくる時間が23時とかかなり遅い時間になっちゃうのが難点です(でもそれはそれでアリかも)。

そうすると往復19,000円、30往復だと570,000円です。

まぁ安くはないですよねw

 

もちろん現金持ち出しはせず、手持ちのマイルをスカイコインに変えて原資とするわけですが、この修行をするための航空券を購入する時点で私はダイヤモンドなので、

「マイル→スカイコイン」の交換倍率1.7倍

を利用することができる。また、2021年の修行でダイヤになった時の特典で80,000スカイコインがもらえるので、これもそのまま充当するとして、

 

そうするとマイルの持ち出しは

(570,000円-80,000スカイコイン)÷1.7=288,235マイル

となります。

 

加えて、搭乗した分のマイルが戻ってきますよね\(^o^)/

修行時点でダイヤ1年目のステータスを持っている前提だと、OKAーHND片道で1,623マイル積算されるので往復だと3,246マイル。

30往復だと97,380マイルが戻ってきます。

結果、

288,235-97,380=190,855マイル

の持ち出しでANAダイヤモンドが維持できるという計算になります。

これで2年間延びるわけなので、年換算10万マイル以下の持ち出しでダイヤ維持ということに。

う~ん悪くない!

 

悪くないです。

基本飛行機乗るの好きなので、半分遊びみたいなもの。

幸いマイルは腐るほど(←ちょっと大袈裟に書いてみたw)持ってるので、20万マイル程度減っても痛くも痒くもない。

なるしかないな・・・って思ってますw

 

 

 

問題は那覇での滞在費用

飛行機代はマイルを充てればよいとして、それとは別に那覇での宿泊費用は当然かかります。

ここはまだ細かく決めてませんが、色々調べると月5万~8万円程度でマンスリーでホテルやマンションを借りることができそうです。

これくらいならまぁ趣味の範囲の負担として許容できます。

ホテル修行(那覇だとヒルトン修行ですかね)と組合わせてもよいかもですね♪ お金高くつきそうだけど・・・

 

なんとなくコロナも少し明るい兆しが見えてきてると勝手に感じてまして、2022年後半には海外旅行も従来に近い感覚で行けるようになるんじゃないかと思ってます。

そうなってくる続く2023年~2024年もバンバン海外飛びたいし、できればANA便を利用したいのでその間にダイヤモンド持ってると便利ですからね~

なんか楽しくなってきた\(^o^)/

 

 

 

マイレージの世界はとっても楽しい!

マイレージ制度、ちょっと複雑ではありますが、一度理解して使いこなせるようになると本当にお得です。

お得な使い方などを見つけるのは、なんだか「法律の抜け道」を探しているようでワクワクしてしまいます(^_^)

私はマイルの魅力にどっぷりとハマってしまいました(^_^;)

一日中マイルのことしか考えてないよ

旅ガエル

これからもたくさん貯めて思いっきり使いたいと思っています(^▽^)

【関連記事】
【裏ワザ?】初心者向けANAマイルの貯め方・陸マイラーになろう!JAL派の方も!

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

by旅ガエル(@tabi_frog