\\『一撃ANA「9万」マイル超』の入口ここ//

TOKYUポイントルートでの「ポイント→ANAマイル」交換手順を詳し~く解説!

ようこそブログにお越し下さいました。

寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている「旅ガエル」(@tabi_frog)です。今日は、

ANA陸マイラーになるための基本となる「TOKYUポイントルート」の交換手順を丁寧に丁寧に解説したいと思います。

 

ポイントサイト(ハピタス、モッピーなど)で貯めたポイントを交換すればANAマイルになるってことは知ってるけど、

「なんか面倒くさそうだよね・・・」

「難しそうだしムリ・・・」

なんて思ってる人も少なくないはず。

 

実際に1度やってみると(交換完了まで少し時間はかかるけど)特にこれと言って難しいことではありません。

それではレッツトライ!

はりきって行ってみよ~

旅ガエル

 

使うのはTOKYUポイントルート

今回説明するのはこの「TOKYUポイントルート」を使ったANAマイルへの交換です。

ルート全体での交換レートは「75%」。例えば10,000ポイントなら7,500ANAマイルに交換することが可能なルートを使います。

なお、各ポイントサイトが行っているキャンペーン(ハピタスの「ドッとマイル増量キャンペーン」、モッピーの「エクスプレスキャンペーン」など)を利用すれば、TOKYUポイントルートを使って75%を超える交換率を実現することが可能です。

 

 

 

準備すること

「ポイントサイトのポイント→ANAマイル」の交換を実現する為に、どうしても準備しておかなければならないことが3つあります。

既に準備できてるよって方はここは読み飛ばして下さいね(^_^)v

その3つとは、

この3つ(上のリンクからそれぞれのページに飛べます)

 

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」というのはこのカードです。

似たような名称のカードがあるので絶対に間違えないで下さい。TOKYUポイントルートはこのカードでないと実現できません。

なお「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」は年会費が2,200円(税込)がかかります(初年度は無料)。

この年会費のコストはマイルを貯めるための必要不可欠なコストです。ただこのカードを持っているだけで毎年1,000マイル貰えるので大きく損をすることはありませんからご安心下さい!

※ポイントサイトにこのカードの広告案件が出ているケースもあるので一応チェックしてから発行しましょう。

 

 

【重要】「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」に申し込む際の注意点3つ

(1)Web会員サービスへの登録はカードが発行された後となります。また、カード発行後にハガキで「TOKYU POINT番号のご案内」が届きます。Web会員サービス登録にはこのTOKYU POINT番号が必要となるので、捨てないように注意して下さい。

 

(2)このカードを発行すれば自動的にANAマイレージクラブにも入会となります。

このカードはANAカードでもあるので、発行することによって自動的に「ANAマイレージクラブ」に入会したことにもなり、ANAのマイレージ口座の番号も発行されるのでご安心下さい。なお、既にANAマイレージクラブの番号をお持ちの方は、カード申込時に持っている番号を記載する箇所があると思うので、番号を記載して申し込んで下さい。

 

(3)「マイ友プログラム」に登録してからカードを申込みましょう。それだけで500ANAマイル貰えます

このプログラムに登録してから「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を発行すると、たったそれだけで「500マイル」もらえるという非常に有難いプログラム。

利用しない手はありません。

 

手続きはとっても簡単。

① 登録ページ(←クリックすると登録ページに飛びます)から登録を済ませて

② ANAカードを申込む

これだけ

 

登録ページでは、次の「紹介者に関する情報(←カエル)」と、

紹介者氏名 イワサキ ナギサ
紹介者番号 00081134

 

「申込者となるあなたの情報」(氏名と生年月日)を入力します。

※氏名はカタカナ入力

 

参考までに、登録ページの実際の画面も貼っておきますね。

 

あとは普通にカードを申し込むだけでOKです。

注意
・既にANAカードを持っている人や過去に持っていた方は対象となりません。

・マイ友プログラムのボーナスマイルは、発行したANAカードが手元に届いて約10日後までに積算されます。

登録ページから登録した日から3カ月以内に入会しない場合は、対象外になります。

・オンライン入会でも紙の申込書での入会でも対象になります。

・既にANAカード申込済の方も間に合う可能性あるのでダメ元で登録がオススメ!

 

 

 

ハピタス→ドットマネー

※今回は「ハピタス」のポイント交換を前提に説明しますが、モッピーの場合もやり方は基本的に同じです。

 

ハピタスの「ポイント交換先一覧」の中からドットマネーを選択するとドットマネーへの交換ページが開きますから「ポイントを交換する」を押して先に進みます。

 

 

次の画面で交換したいポイント数を入力します。

今回は分かりやすくするため10,000Pを交換します。

なお、ハピタスは月間のポイント交換上限が「3万P」と決められているので、これを超える交換はできません。因みにこの上限は、全ての交換先の合計で3万P(ポレットへの交換除く)となっているので注意して下さい。既に他の交換先に2万ポイント交換している場合は、残り1万Pしか交換することができません(翌月になるのを待ちましょう)。

 

交換するポイント数など間違いがないか最終確認して、問題なければ交換を申請します。

交換まで最低3営業日

 

残念ながら交換はリアルタイムではなく最低3営業日(ハピタスの3営業日)キッチリかかります。

具体的にはこちら

土日祝日を挟むとその分交換完了までの時間がかかります。祝日の絡む連休などがある場合、下手すると交換まで1週間近くかかってしまうので注意しておきましょう。

できればここはリアルタイムにして欲しいところですね~!

 

・・・で、交換が完了しても自動的にドットマネーが増えるわけではないのがちょっと複雑な部分となってます。

ここ大事なので丁寧に説明しますね(^_^)v

 

ハピタスに申請した交換が完了すると、ハピタスから交換完了のメールが届きます。こんな感じ

 

そしてメールにあるリンクをクリックするとハピタスのページに飛ぶので、そこに「ドットマネーギフトコード(電子マネーID)」がこのように掲載されています。

 

そしてこの「ドットマネーギフトコード(電子マネーID)」をコピーした上で、ドットマネーのサイトでこのコードを登録するとドットマネーがようやく加算されます(めんどくさw)

この登録作業も知ってないと場所が分かりにくいんですよね~(T-T)

 

分かりやすく説明しますね(^_^)v

先ずドットマネートップページに入り、表示されているマネーの部分をタップします。

現在「0マネー」でしたww

 

画面が切り換ったら「ドットマネーギフトゴードを使う」をタップ

 

 

次の画面でコピーしたドットマネーギフトコード(電子マネーID)を入力します

 

 

ポイント数が合っているか確認して問題なければ「交換する」ボタン

 

 

そうするとドットマネーがチャージされ完了です\(^o^)/

ふぅ~疲れましたねw

因みに、ドットマネーの交換には「月間10万マネー」の上限があるため、これを超える量の交換は行うことができません。

 

 

 

ドットマネー→TOKYUポイント

次はドットマネーをTOKYUポイントに交換です。

 

ドットマネーのアプリ(サイト)で、

「つかう」ー「現金:ギフト券・ポイントへ交換する」から入って交換先として「TOKYU POINT」を選択。

そうするとこの画面が出てきます。

 

 

注目して欲しいのは交換予定日のところ。

  • 毎月1日~15日申請分がその月の下旬
  • 毎月16日~末日申請分が翌月の中旬

という交換スケジュールとなっています。よって、

交換完了まで早くて2週間!

タイミングが悪いと1ヵ月!

けっこう時間かかるのです。このスケジュールはほんといつもキッチリ守られている感じですね。

因みに私は毎月「月末」を交換する日と決めているので、その月末までにドットマネーギフトコードの登録が完了できるようスケジューリングしています。

 

交換作業自体は、次のページで必要事項を記入して申請するだけなので、楽勝簡単ですよ!

因みに「カード番号上6桁」というのは、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」のカード番号の上6桁のことです。

 

この作業が終われば、自動的にTOKYUポイント側に加算されます。

 

 

 

TOKYUポイント→ANAマイル

いよいよ最後の砦、TOKYUポイントからANAマイルへの交換です。

でもここも簡単なのでご安心を!

既に行った交換作業によってTOKYUポイントが加算されたのを確認したら

TOKYUポイントのアプリ(若しくはサイト)の「ポイント交換」からANAマイレージクラブへの交換を選択します。

 

 

そうするとこんな画面となるので、マイレージ番号(ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードに記載されているANAマイレージクラブのお客様番号)と交換口数を入力して交換を勧めればOK

因みに「1口=1,000ポイント」なので、今回は10口の交換となりました。

 

上の画像には「マイル積算時期は、お申込から約1週間後です。」と書かれていますが、私の経験上いつも交換した翌日~翌々日にはマイル口座に交換したマイルが反映されています。

ただ場合によっては1週間ほどかかるケースもあるかも知れないので、それを見越した交換スケジュールを組んでおくのがよいかと思います(^_^)

 

こんな感じで、

ハピタスの10,000Pをスタートし、無事7,500ANAマイルを獲得することができました\(^o^)/

最初のドットマネーギフトコードを登録するところが正直ちょっと面倒くさいといえば面倒くさいですよね~

まぁそこも慣れてしまえばなんてこと無いですけど・・・

 

 

 

まとめ

表にしてサクッとまとめておきますね(^_^)

交換に要する期間 備考
ハピタス→ドットマネー 3~5日程度 交換上限:3万P/月
ドットマネー→TOKYUポイント 2~4週間 交換上限:10万マネー/月
TOKYUポイント→ANAマイル 翌日~翌々日(東急のサイトでは一週間と表示)
(参考)モッピー→ドットマネー リアルタイム 交換上限:1万P/1日

 

ポイントサイト(ハピタス、モッピー)のポイントを3回交換することで、ANAマイルをGETすることができます。

タイミングよく交換しても、ANAマイルに辿りつくまで3週間近くかかるので、カレンダーなどに毎月のスケジュールとして予定を入れておくのがよいかと思います。

因みに私の場合は、

  • 毎月25日・・・ドットマネーへの交換
  • 毎月末日・・・TOKYUポイントへの交換
  • 毎月16日・・・ANAマイルへの交換

をやってる感じです。

 

 

 

マイレージの世界はとっても楽しい!

マイレージ制度、ちょっと複雑ではありますが、一度理解して使いこなせるようになると本当にお得です。

お得な使い方などを見つけるのは、なんだか「法律の抜け道」を探しているようでワクワクしてしまいます(^_^)

私はマイルの魅力にどっぷりとハマってしまいました(^_^;)

一日中マイルのことしか考えてないよ

旅ガエル

これからもたくさん貯めて思いっきり使いたいと思っています(^▽^)

【関連記事】
【裏ワザ?】初心者向けANAマイルの貯め方・陸マイラーになろう!JAL派の方も!

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

by旅ガエル(@tabi_frog