\\『一撃ANA10万マイル超』の入口ここ//

「1ポイント」の価値が高ければいいってもんじゃないよね?

ようこそブログにお越し下さいました。

寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている「旅ガエル」(@tabi_frog)です。今日は、

「1ポイントの価値」が高い方が正義なの?正解なの?・・・という考察。

ごめんなさい、「考察」なんて言うほど大袈裟なものじゃないですww

 

時々Twitterのタイムラインとか見てると、

「1P=〇円の価値として使えたぞっ!」

みたいなドヤ顔ツイートが流れてきたりしますが、個人的にはちょっと違和感があったりします。

今日はそんな部分にフォーカスして思うところを書いてみました・・・

 

現金価値への交換価値だけを抜き出せば・・・

例えばホテルポイントを例に考えたとき、

「日程A(平日)」「日程B(週末)」があったとして、普通は同じ人数で宿泊すると週末の方が値段が高いケースが多いですよね。

何故って供給に対して需要が多くなる傾向にあるから、値段上げても客室が埋まるから・・・ですよね。

週末だからだって提供される内容は変わらないので、個人的には同一の価格設定にして欲しいなと思うけど、まぁこれは仕方ないww

 

このような場合でも、ホテルポイントを使った「無料宿泊」なら同じポイント数で泊まれたりするケースがあったりする。

そうすると使う場面(日程)によって「1ポイントの価値」に変動が生じる。

自分が持っているポイントをできれば有効に使いたいと思うのは誰でも同じでしょうから、「なるべく価値の高い使い方をしたい」という気持ちも分かる。

この部分(=現金価値への交換部分)だけを切り出せば「日程B(休日)」で使った方が正解だし正義。納得!

でもだからって無理やり(計算上の)ポイント価値が高い処を狙って宿泊したりするのはちょっと違うかな・・・って思うのですよ

 

 

 

私はちょっと違う考え

単純には「同じ部屋で値段が高い=需要が多い日」です。

私の頭の中では、

需要が多い→宿泊する人も多い→当然混み合う→サービスに時間がかかるし人多くてウザい

という図式が成り立つので、どうしてもその日程じゃないとダメという場合を除いては、週末とかGWとか需要が多そうな日はまず利用しません。

 

折角ゆったりした時間を過ごしたいと思って訪れたのに、混んでてチェックインで行列とかレストランで席待ちとかできれば経験したくないですから・・・。

なのでポイントの交換価値としては低くても、平日とか好んで宿泊するケースが多いです。

 

もちろん、他人の考え方を批判するわけでもないし、マウントするわけでもありません。

考え方の違いなのでそんなの全然OKですけど、私には理解できないな・・・というだけ(^_^)

みなさんはどういうお考えですか?

 

 

 

そうはいっても「ポイント」はスゴイね!

そうは言っても「ポイント(マイル含む)」ってスゴイですよね。

ホテルに宿泊できたり、飛行機に乗ることができたり、それ以外にも・・・ww

私はもちろんポイントやマイル大好きなので、コレからも沢山ポイント貯めて上手に使い、自分の人生をちょっぴり豊かにしていきたいなぁ~と思います。

 

 

 

マイレージの世界はとっても楽しい!

マイレージ制度、ちょっと複雑ではありますが、一度理解して使いこなせるようになると本当にお得です。

お得な使い方などを見つけるのは、なんだか「法律の抜け道」を探しているようでワクワクしてしまいます(^_^)

私はマイルの魅力にどっぷりとハマってしまいました(^_^;)

一日中マイルのことしか考えてないよ

旅ガエル

これからもたくさん貯めて思いっきり使いたいと思っています(^▽^)

【関連記事】
【裏ワザ?】初心者向けANAマイルの貯め方・陸マイラーになろう!JAL派の方も!

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

by旅ガエル(@tabi_frog