\\『一撃ANA「6万」マイル超』の入口ここ//

【ANAステータス会員】ルフトハンザグループ便搭乗でもボーナスマイル積算スタート!

ようこそブログにお越し下さいました。

寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている「旅ガエル」(@tabi_frog)です。今日は、

ANAステータス会員へのフライトボーナスマイルが「ルフトハンザイグループ便」にも拡張されますよ~という記事。

 

ステータス会員へのサービスは「改悪」される傾向が強い昨今ですが、珍しく「改善」といえる変更。

今までも「ユナイテッド航空」便ではボーナスマイルが積算可能でしたが、2020年1月1日搭乗分より「ルフトハンザグループ便(ルフトハンザ ドイツ航空、スイス インターナショナル エアラインズ、オーストリア航空)」に搭乗した場合でもボーナスマイルが積算されるようになります\(^o^)/

ヨーロッパで飛行機を利用される頻度が高いANAステータス会員の方はかなり恩恵を受けられることになるでしょう!

 

 

対象はANAステータス会員

この記事で紹介するフライトボーナスマイルが貰えるのは、下記4つのANAステータスを持っている人だけ

  • ダイヤモンドステータス(本人のみ)
  • プラチナステータス(本人のみ)
  • ブロンズステータス(本人のみ)
  • スーパーフライヤーズカード会員(本人、家族会員)

ANAカードを持っているだけ・・・といった方は対象ではありません。

 

 

 

どういう場合にボーナスマイルがもらえるの?

ボーナスマイルがもらえるのは分かるけど、どういう場合にもらえるようになるの?・・・と思う方も居るかもなので、少し噛み砕いて説明します。

(1)上で説明した「ANAステータス」を持っている

(2)ルフトハンザグループ便に有償で搭乗する(特典航空券での搭乗は対象外)

(3)その搭乗分のマイルをANAに積算する

この3つの条件を満たした時にボーナスマイル(130%~35%)が付与されます。

 

(1)(2)は特に説明の必要がないと思いますので(3)について。

ANAとルフトハンザグループは、同じ「スターアライアンス」という航空連合に加盟しているので、以前からお互いにマイルを付与し会うサービスを行っています。

「ルフトハンザ」の飛行機に搭乗すると本来的にはルフトハンザのマイルが貯まるのですが、これをANAマイルとして貰うことが可能でした(もちろん逆もOK)。もっと具体的にいうと、ルフトハンザ便に搭乗する際に登録するマイレージ番号を「ANAのマイレージ番号」で登録することによって、ルフトハンザ便に搭乗した分のマイルがANAマイルとして積算されます(事後登録も可能)。これが上の「(3)その搭乗分のマイルをANAに積算する」に該当します。

 

今までは「ここまで」・・・で終わりだったのですが、更にボーナスマイルが付与されるようになりますよ・・・というのが今回変更となる部分。

 

 

 

 

フライトボーナスマイルの計算方法

計算方法は下記の通り!

赤字はサンプルとしてカエルが追記しています。

  • 「成田-フランクフルト」の基本マイレージは5,928マイル
  • ルフトハンザビジネスクラス航空券の「予約クラスP」は積算率70%
  • ANAダイヤモンドステータス1年目の人のボーナスマイル積算率120%

 

この前提で計算すると、今までは「区間基本マイレージ」×「予約クラス・運賃種別毎の積算率」=4,149マイルしかもらうことができませんでした。

しかし今後は、更にボーナスマイル4,979マイル」が追加でもらえるので、

4,149マイル+4,979マイル=9,128マイル

も頂けることになります\(^o^)/

 

 

 

「予約クラス・運賃種別毎の積算率」は航空会社毎に決まっている!

ちょっとややこしいのですが、「予約クラス・運賃種別毎の積算率」というのは航空会社毎に決まっていますし、時々変動するので注意が必要です。

詳しくはこちらのページで確認できます。

航空会社によっては、この部分の積算率が「0%」(要するに積算対象外)という運賃(多くはキャンペーン利用等の格安運賃である事が多い)も存在するケースがあるので、その場合はそもそもANAに積算できませんので、今回のボーナスマイルも対象外となってしまいます。

 

 

 

ボーナスマイル積算率はステータスと所有するANAカードにより変動

ボーナスマイルの積算率は一定ではありません。

その時の「ステータス」と「所有するANAカードの種類」に応じて変わる変動制

最高は130%

最低は35%

プラチナステータス以上になると、概ね100%以上のボーナスマイルとなるので、もらえるマイルが「倍増」します。けっこうインパクト大きいですよね(^_^)

 

ANAステータス会員に対するフライトボーナスマイルについて詳しくは

こちらのページ

 

 

 

因みに「逆」も可能

上ではANAのステータス会員が「ルフトハンザ便に搭乗して→ANAマイルを貯める」の流れて説明してますが、逆も可能。

要するに、ルフトハンザグループのステイタス会員が「ANA便に搭乗して→ルフトハンザのマイル(Miles&Moreプログラム)を貯める」という事も可能です。

逆パターンで利用する日本人の方はそれほど多くないと思いますが、いずれにしてもステータス会員としては貰えるマイルが増えてGoodです\(^o^)/

 

 

 

マイレージの世界はとっても楽しい!

マイレージ制度、ちょっと複雑ではありますが、一度理解して使いこなせるようになると本当にお得です。

お得な使い方などを見つけるのは、なんだか「法律の抜け道」を探しているようでワクワクしてしまいます(^_^)

私はマイルの魅力にどっぷりとハマってしまいました(^_^;)

一日中マイルのことしか考えてないよ

旅ガエル

これからもたくさん貯めて思いっきり使いたいと思っています(^▽^)

【関連記事】
【裏ワザ?】初心者向けANAマイルの貯め方・陸マイラーになろう!JAL派の方も!

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

by旅ガエル(@tabi_frog