『陸マイラーデビュー』したい方はこちら!

ANAの上級会員「SFC」はマイル修行してまで取る価値・必要があるのか?

ようこそブログにお越し下さいました。

寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている「旅ガエル」です。今日は、

ANAの上級会員である「SFC」(スーパーフライヤーズカード)について書いてみます。特に、お金をかけて「マイル修行」してまで取る意味・・・というか必要性があるのだろうか?という切り口から攻めてみたいと思います。

この記事では、SFC(スーパーフライヤーズ)を解説するため「ANA公式サイト」の説明及び画像を各所で引用させて頂いております。

また、公式サイトに書いてあることの丸写しでは芸がないので、旅ガエル独自の視点から重要な部分だけをピックアップすると共に、私自身の経験や実際にSFC(スーパーフライヤーズ)を取得して所持している感想を折り込みながら纏めてみようと思います。

どうでもよいことですが、ANAは「ステイタス」、JALは「ステータス」と表現するようです。それに従って使い分けます。

 

結論から先に書きますが、

お金をかけてでも取得する価値は絶対にあります

2年に1回程度以上飛行機で海外に行く方であれば、持っているだけで人生が豊かになりますから!

以下、そう結論付けた理由をくわしく説明してみますね。

 

 

SFC(スーパーフライヤーズ)とは?

公式サイトでは、『スーパーフライヤーズ会員のお客様には、このカードをお持ちの方にふさわしい、選りすぐりのサービスをご利用いただけます。これからもずっと、ANAの空の旅をお選びいただけますように。』とあります。

選りすぐりのサービスの『選りすぐり』ってなんだろうと心くすぐられますね・・・

 

 

SFC(スーパーフライヤーズ)会員に対する『選りすぐりのサービス』とは?

SFC(スーパーフライヤーズ)会員になると、様々なサービスを受けることができます。細かい部分は「SFC公式サイト」で直接確認していたくのが間違いないですが、主なところを列挙するとこちらになります。

優先チェックインカウンター 専用保安検査場の利用 ANAラウンジの利用
優先搭乗 手荷物許容量の優待 手荷物の優先引き渡し
専用サービスデスク 空席待ち優先 座席指定範囲の拡大
アップグレードポイント 空席時プレミアムエコノミーの無料利用 スターアライアンスGOLDステータス

この中で、赤字としているものが私が特に嬉しいと感じているサービスです。嬉しい順に書いてみます。

1位・・・スターアライアンスGOLDステータス

やっぱりこれが一番嬉しい。ANA以外のスターアライアンス系列の航空会社を利用した際でもSFCと似たような特典を受けることができるのです。とかく不安になりがちな海外の空港で、優先的に扱ってくれるのは日本以上にありがたいものです。
特に海外の空港で乗り継ぎをする場合など、時間的な余裕をもつためにわざとトランジット(乗り継ぎ)時間を多めに設定することが多いですが、そのような場合でもラウンジでゆっくりしたり食事したりシャワーを浴びたりできるので、旅に余裕ができます。「できる男」になったような錯覚に陥ること受け合いです( ̄ー ̄)

また、格安ツアーを利用して海外に行くような場合だと、外国の航空会社の飛行機が最初から設定されていたりしますよね。そういった場合でも、利用するのがスターアライアンス系列の航空会社であれば同じようにサービスを受けることができるのです(もちろんエコノミークラスに乗る場合でもOKです)。

MEMO
スターアライアンス系列の航空会社・・・アドリア航空、エーゲ航空、エア・カナダ、中国国際航空、エア インディア、ニュージーランド航空、アシアナ航空、オーストリア航空、アビアンカ航空、アビアンカ・ブラジル航空、ブリュッセル航空、コパ航空、クロアチア航空、エジプト航空、エチオピア航空、エバー航空、LOTポーランド航空、ルフトハンザドイツ航空、スカンジナビア航空、シンセン航空、シンガポール航空、南アフリカ航空、スイス インターナショナル エアラインズ、TAPポルトガル航空、タイ国際航空、ターキッシュ エアラインズ、ユナイテッド航空

 

2位・・・空席時プレミアムエコノミーの無料利用(国際線)

国際線に限ってのサービスですが、このサービスはすごい!当日空席があれば、普通に購入するとエコノミークラスの「2倍~2.5倍」くらいする「プレミアムエコノミー席」になんと無料で変更できるのです!

ビジネスクラスと比較すればアレですが、エコノミーと比較すると座席の広さが全く違うので、疲れ方が全く違います。特に北米やヨーロッパなどの長距離路線になるとその違いは歴然。私も過去7~8回無料で利用させてもらっています。

最近はSFC(スーパーフライヤーズ)会員も増えてきましたし、エコノミークラス利用者への「入札によるアップグレード制度(追加料金を支払ってプレミアムエコノミーにアップグレードする制度)」も始まったので、今までよりは利用できる場面が減ってくるのかもしれませんが、利用できた時のインパクトは大きいですし、これを一生のうちに2~3回でも利用できればもう「SFCの元がとれた!」と言えると思います。

注意
2019年9月30日で、プレミアムエコノミーへの空席時無料アップグレードサービスが終了することになりました。詳しくはこちら

 

3位・・・優先チェックンカウンター

地味ですが、旅ガエルはこれを非常に重視しています。いまどきは「Webチェックイン」などを利用して事前にチェックインできてしまいますが、当日の座席の空き状況を見て座席や便を変更したり、荷物を預けたりするケースが多いのでチェックインカウンターは頻繁に利用します。その時長く待たされるのは苦手なので、優先カウンターの利用は大変ありがたいのです。

 

4位・・・保安検査の優先レーン利用

これもチェックインカウンターと同じ理由です。とにかく並んで待つのが苦手なもので・・・(^_^;)

MEMO
正月やお盆、GWなどの時期は「普段飛行機に乗り慣れていない人」が大量に飛行機で移動するので、チェックインカウンターや保安検査はひっくり反るほどの長蛇の列となります。そのような時期に優先レーンが使えると30分以上、場合によっては1時間近くも時間を短縮することが可能です。


※羽田空港国際線ターミナルの保安検査待ちの列


※先の写真と同じ日時での優先保安レーン。ガラガラです!

注意
羽田空港では、ANA以外のスターアライアンス系航空会社利用時においては、SFCを持っていても優先レーンが使えなくなってしまったようです。要するに、自分が搭乗する航空会社のステータスを持っていないと羽田空港の優先保安検査場は使えないように運用が変わってしまいました。とても残念です。2018年10月末に確認

 

5位・・・専用サービスデスク

一般の予約デスクはとにかく混んでいて時間がかかりますが、SFC専用サービスデスクになると、随分と繋がり易くなります(最近はSFC会員も増えているようなので混んでてなかなか繋がらないときもあります)。

MEMO
いまどき「電話」なんて・・・という声が聞こえてきそうですね。確かに普通の旅券ならWebで発券すればよいので電話などかけません。ただ、複雑な旅程の発券になるとどうしても電話ではできないものが出てきます。そういう時はサービスデスクに電話して直接希望を伝えるのが一番なのですv(^_^)v

 

6位・・・ANAラウンジの利用

これを一番に挙げる人も多いですが、何度も利用していると正直飽きてくるので6位としました。国際線ならまだしも、国内線のANAラウンジは基本食べ物は置いていないので、ラウンジ外の眺めの良いレストランの方が良かったりする場合も多いです。ちょっとビールを飲みたいとか、搭乗時間までPCで仕事・・・という場合には確かに便利ではあります。

 

このようなありがたいサービスを受けることができるSFC(スーパーフライヤーズ)会員ですが、どうすれば入会できるのでしょうか?

 

 

SFC(スーパーフライヤーズ)会員の入会資格

SFC(スーパーフライヤーズ)会員は「入ります」と手を挙げても入会できるわけではありません。更に、たくさんお金を払えばそれだけで入会できるわけでもありません。もっと付け加えると、いくらお金や資産を沢山持っていようが、会社の地位が高かろうが、弁護士や医師といった超難関資格を持っていようが、それだけでは入会させてもらえないのです。

そう言われると俄然入会したくなりませんか?(^_^)

入会するには、次の2つの条件を満たす必要があります。

  • 1~12月の12カ月の間に、ANAグループ便又はスターアライアンス系航空会社便にたくさん乗ること。しかもお金を払って航空券を買って乗ること。
  • 「WIDEカード」というグレード以上の「SFC専用ANAカード」を発行すること

逆にこの2つの条件さえ満たせば誰でも入会することが可能です。


「たくさん乗る」について

「たくさん乗る」は、ANAの場合、たくさんの「距離」を乗る必要があります。JALのようにたくさん「回数」を乗るという選択はできません。この点、JALのステータスを取得するよりも少しハードルが高くなっています。

なお、ここで「距離」と言いましたが、単純な飛行距離とは少し異なります。「飛行距離」に座席クラスに応じた割合(値段の高いチケットは割合が高く、値段の低いチケットは割合が低い)等が「かけ算」されてステイタスポイント(ANAの場合このステイタスポイントのことを「プレミアムポイント」(略してPP)と言います)が算出されます。

「距離」の場合は、このステイタスポイント(PP)が一定の基準を超えるかどうかで判断されます。

表にまとめてみますね。

1月1日~12月31日の間の到達基準
距離(PP) 50,000PP(うちANAグループ便25,000PP以上必要)

なお、特典航空券を利用して乗ってもそれはカウントされません。あくまでお金を払って発券した航空券で飛行機に乗る必要があるのです(※スカイコインでの支払も対象となります)。

MEMO
JALの場合は、「距離」だけでなく「回数」をたくさん乗るという選択も可能です(2018年8月現在)。

 

「専用ANAカード」の発行について

ANAカードには、「一般」「WIDE」「ゴールド」「プレミアム」の4クラスのカードが用意されています。

このうち、「WIDE」「ゴールド」「プレミアム」クラスに相当するSFC専用のANAカード(SFC専用ANAカードになると「WIDE」クラスという概念がなくなりこれに相当するのが「SFC専用ANAカードの一般カード」となります)を発行しなければなりません。

ANAカードもクレジットカードなので、入会には当然クレジットカード会社の審査が入ります。よって、上で説明した「たくさん乗る」の条件を満たしていたとしても、クレジットカードの審査にパスできなければSFC(スーパーフライヤーズ)には入会できないことになります。

こうなると笑うに笑えない状況になってしまうので、SFC修行に先だって「WIDE以上のANAカード」を事前に発行しておくのが理想です。回数または距離の条件を満たした段階で「WIDE以上のANAカード」を有していれば、審査なくSFC専用カードに切り換えが可能です(ただし、カードブランドが変更となる場合(例えばVISA→AMEX)は審査が入るので、予め変更を見据えて「WIDE以上のANAカード」を発行しておく必要があります。

 

具体的にはこの中から選ぶことになります。種類によって年会費もまちまち。家族会員も設定されています。家族で誰か1人がSFC(スーパーフライヤーズ)に入会すれば、家族は修行することなくSFC(スーパーフライヤーズ)会員になることができます(ただしそれぞれ年会費が必要になる場合があるので注意)。

カードクラス 年会費(本会員)税込 年会費(家族会員)税込
ANAスーパーフライヤーズカード 一般(WIDE) 11,070円 5,508円
ANAスーパーフライヤーズ ゴールドカード ゴールド 16,200円 8,100円
ANAダイナース スーパーフライヤーズカード ゴールド 30,240円 11,340円
ANAアメリカン・エキスプレススーパーフライヤーズ・ゴールド・カード ゴールド 33,480円 16,740円
ANA JCBスーパーフライヤーズカード プレミアム プレミアム 75,600円 4,320円
ANAダイナーススーパーフライヤーズ プレミアムカード プレミアム 167,400円 無料
ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード プレミアム 86,400円 4,320円
ANAアメリカン・エキスプレス スーパーフライヤーズ・プレミアム・カード プレミアム 162,000円 無料(4枚まで)

※JALの「JGC専用JALカード」に比べると、年会費が相対的に高い印象を受けますね(家族会員は逆に安い印象)。

 

このSFC専用ANAカードを(年会費を払って)持ち続けている限り、SFC(スーパーフライヤーズ)会員の資格はそのまま維持されます。5年でも10年でも、最初に説明したメリットを受け続けることが可能です。この点が大人気の秘密なんですよね。

なお、カードを退会すると、SFC(スーパーフライヤーズ)も自動的に退会となります。

※どのカードを選択すべきかについては、その点だけをピックアップして別記事として書きたいと思っていますのでここでは省略します。

 

 

「SFC」と「プレミアムメンバーサービス」の関係について

とってもややこしいのですが、ANAには「SFC(スーパーフライヤーズ)会員という会員組織」とは別に「プレミアムメンバーサービス」(「ダイヤモンド」「プラチナ」「ブロンズ」の3階層)というものが並行して存在します。

今まで説明した「SFC(スーパーフライヤーズ)会員」は、一度なってしまうとSFC専用ANAカードを持っている限り永遠に続く永続的なステイタス。

これと異なり「プレミアムメンバーサービス」は、一年だけで終わってしまうステイタスです。下は「プレミアムメンバーサービス」の一覧。

 

1月1日~12月31日の12ヵ月の間に、飛行機に搭乗して「PP」が増えれば増えるほど上の階層のステータスに昇格し、上の階層に行けば行くほど受けられるサービスの内容も上がります。

 

ANAの場合は「ブロンズ」→「プラチナ」→「ダイヤモンド」の三階層となっています。

各ステイタスの到達基準を念のため表に纏めてみました。数字が違うだけで考え方は同じです。

距離(PP)での到達基準
ダイヤモンド 100,000PP(うちANAグループ便50,000PP以上必要)
プラチナ 50,000PP(うちANAグループ便25,000PP以上必要)
ブロンズ 30,000PP(うちANAグループ便15,000PP以上必要)

 

SFC(スーパーフライヤーズ)会員が様々なサービスを受けることができる点は、この記事の最初でも説明しました。

そのSFC(スーパーフライヤーズ)会員とほぼ似たような内容のサービスを受けるとができるのが「プラチナステイタス」。もちろん細かな部分で差はあるのですが、大きな所では似たようなサービスとなっています。「PP」の獲得条件も「SFC(スーパーフライヤーズ)」と「プラチナ」ではまったく同じ。ほぼイコールと考えて頂いて構いません。

よって、修行してSFC(スーパーフライヤーズ)会員となった人は、その年とその翌年度の間は、「SFC(スーパーフライヤーズ)会員であると同時にプラチナステイタス」でもあることになります。2つのステイタスを同時に持っているということですね。

しかし残念なことに、プラチナステイタスは「一年限りのステイタス」なので、期間が来ると無くなってしまいます。維持しようと思うと毎年飛行機に乗り続けなければなりません。

そうなると、いつまでも続くSFC(スーパーフライヤーズ)に大きな魅力が出てくるというのが理解いただけるでしょう!

別のいい方をすれば、SFC(スーパーフライヤーズ)会員になっていれば、毎年修行しなくても「プラチナステイタス」と同等のステイタスを維持し続けることができるということになります。

 

なお、「ダイヤモンド」というステイタスは、ANA最高ランクのステイタスであり、SFC(スーパーフライヤーズ)やプラチナよりも更に優先的に扱われます。入る事ができるラウンジも別に用意されていて、まさに「特別の中の特別」といったVIPな扱いを受けることが可能です。一生に一度くらいは経験してみたいですよね!

 

このようにANAには、SFC(スーパーフライヤーズ)会員という永続的なステイタスの他に、一年毎に切り変わる「ダイヤモンド」「プラチナ」「ブロンズ」の3つのステイタスが同時に動いているということをぜひ覚えておいて下さいね!・・・ややこしいけど

 

 

修行

SFC(スーパーフライヤーズ)会員になる条件を達成するために、飛行機に乗りまくることを「修行」と言います。Wikipediaでも「マイル修行」という言葉が解説されていました(有名になったものです)。

マイル修行(マイルしゅぎょう)とは、航空会社の運営するマイレージサービスに沿って多頻度客へ提供される特典を目的とした、有償航空券による旅行の俗称。そのような旅行者は短期間に多回数飛行機に乗り続ける上、体力と時間と金銭を消耗するなど、心身と経済的な苦痛も伴うため、僧侶の修行に例えられ、マイル修行僧と呼ばれる。

英語では、マイルやポイント、ステータスなどの最大化をもっぱらの目的として計画、実行される航空機による旅行を「マイレージ・ラン (a mileage run)」と称している。

※Wikipediaより引用

「心身と経済的な苦痛」・・・とか笑えますね(^▽^)

確かにお金もかかしますし時間もとられますが、実際にやってみると世界が一気に広がって非常に面白いです!

修行でもしなければ絶対に行くことがなかった地域や場所を訪れたり、同じ目的の仲間とめぐり逢ったりもできます。そして何より、修行の過程で「マイレージ制度の仕組み」をかなり理解することができるようになります。

SFC(スーパーフライヤーズ)は永続的なステータスなので、若いうちに取得すればその利益を最大限に活用できますが、定年後や定年間近な方であっても、豊かな老後を演出してくれる起爆剤になることは間違いないと思います。

頻繁に海外旅行に行くのであれば、不毛な待ち時間を大幅に短縮できるパワーを備えているので、「時間を買う」と考えれば修行に要する費用も決して高くはないでしょう(自分だけじゃなくて家族も同じ恩恵を受けることができますから)。

 

 

SFC修行にかかる費用

これは「ドメ専」にするか「インター」にするのかによっても変動しますし、拠点となる空港がどの空港なのかによっても変動するので一概には言えません。・・・が、色々話を聞いてると50万円前後になるケースが多いようです。

JALのJGC修行ように「回数修行」ができないため、JAL修行よりもANA修行の方が少しだけ費用は高くなる傾向にあります。私は同じ路線を何度も繰り返し乗ることに苦痛を感じるので「インター」で修行を行いました。

巷でよく言われている「SINタッチ」も経験しましたし、普通にホーチミン、ハノイ、バンクーバーなどにも飛びました。それ程費用を重視しなかったので少し多めに費用ががかかったように記憶してます。

MEMO
「ドメ専」とはドメスティック専門=国内専門という意味で、国内線ばかりに乗って修行すること。「インター」はこれと逆に、国際線を中心に乗って修行することです。回数修行の場合は自動的に「ドメ専」になってしまうと思います。

なお参考までに、50,000FOPを貯めるためにはどれくらい飛ぶ必要があるかというと、

例:羽田-那覇をスーパーバリュー運賃(積算率75%)で1往復すると=2,952PP よって、約17往復する必要があります。結構大変です。だからまさに「修行」ですね!

 

 

まとめ

「SFC(スーパーフライヤーズ)」は一度だけ頑張って条件をクリアすれば永続的に得られるANAの上級ステイタス

「ブロンズ」→「プラチナ」→「ダイヤモンド」といった「プレミアムメンバーサービス」とは別に並列して存在

ANAだけでなく、スターアライアンス系列の航空会社利用時にも、同様のサービスを受けることが可能

時間とお金が許すなら絶対取得しておいた方がいい(ただしJALのステータスを持っているなら必須ではない)

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

by旅ガエル