『陸マイラーデビュー』したい方はこちら!

【ダニエルKイノウエ国際空港】ハワイANAラウンジ体験記とかレビューとか!

ハワイANAラウンジのエントランス

ようこそブログにお越し下さいました。

寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている「旅ガエル」(@tabi_frog)です。今日は、

ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)に新設されたANAラウンジの入室レポートです!

 

フライングHONU就航に併せて新たに設置された「ANAラウンジ(スイートラウンジも併設)」。

ハワイ決戦に向けたANAの意気込みをヒシヒシと感じますね。

 

結論から言うと、

とても素敵なラウンジでした。しかも、

広く大きな窓からHONUの巨体を間近に見ることができる世界唯一のラウンジがこのANAラウンジなのです。

MEMO
※隣に設置されているANAスイートラウンジには窓がないので、なんとHONUの姿は全く拝むことが出来ません((((;゜Д゜)))))))
スイートラウンジよりも総合的に見るとANAラウンジの勝ちじゃないか!

旅ガエル

 

 

 

ANAラウンジの場所

ANAラウンジの場所はこちらですね(^_^)

「ターミナル2」のC4ゲート真上がANAラウンジです。因みにMAP右側のターミナル1は、基本的にハワイアン航空の国内線ターミナルとして運用されています。

このC4ゲートはホノルルに到着した「フライングHONU(A380)」が駐機する専用のゲートですね(^_^)

※画像はダニエル・K・イノウエ国際空港ウェブサイトより引用して一部追記

 

C4搭乗口の目の前の「エスカレーター」又は「階段」を上がるとANAラウンジです。入口は「ANAラウンジ」と「ANAスイートラウンジ」共通となってます。

 

ちょっと注意が必要なのは、ANAのチェックインカウンターからかなり遠いです(T-T)

歩くと人によっては15分~20分くらいかかります。

更に、フライングHONU以外の機材(787など)は、今のところ従来通りMAP左側のGゲートから発着するので、ANAラウンジだけ使いたいけどHONU利用じゃないよ・・・という方は要注意です。

余裕をもって出発ゲートまで戻る必要があります。なお、空港内を移動するシャトルバスもあるのでそれを利用することも可能です。

将来的にはチェックインカウンターの位置など、もしかすると変更されるかもしれませんね。

 

 

 

室内

さて室内はというと、ハワイという場所柄を意識しているのでしょう、非常に明るいラウンジです。そしてとっても広いです!

HONUで一度に500人を超える乗客を運ぶわけなので、それに十分対応できる規模となっているのでしょう。

ここは言葉よりも写真を並べましょう。ほぼ一番にラウンジに入ったので、まだ殆ど誰もいませんね( ̄ー ̄)v

 

 

 

食べ物とか飲み物とか

こちらも必要十分なレパートリーがそろっていましたよ!

ハワイらしいなぁ・・・という点が、ビールサーバーを見て下さい!

なんとハワイの地ビールでもある「Long board」のを頂く事ができます。美味しかった~(^_^)

もう一銘柄は日本らしく「一番搾り」ですね。ビール好きには非常に嬉しいラインナップ。

 

食事も写真の野菜カレーの他に、ホットミールとしては生姜焼き(・・・というより牛丼の具に近い感じ)、チキンの煮物、ビスクスープなどが用意されていました。

もちろん私も戴きました!Long board、カレー、生姜焼きですね(^_^)

 

とにかくゆったり開放的な空間に仕立ててられています。

当日はほぼ満席状態での運行でしたが、ラウンジ内は全く手狭な感じはしなかったですね(^_^)

 

 

 

HONUを目の前に過ごす時間が最高!

このラウンジの一番のウリは、個人的には何といってもC4ゲートに駐機しているフライングHONUを間近で見ることが出来るという点ではないでしょうか!

しかも背景にはハワイの青い空とダイヤモンドヘッドです!これ以上ないでしょう(^_^)

この姿を見ながらビール飲んで搭乗を待つとか最高すぎます!

 

ただ1つだけ気になったのが、ちょうどイスに座った目の高さの位置に、木の横棒が窓に沿って這っているという点。

こんな感じ

この建物自体の仕様だと思うので、ANA側も本当は取っ払いたかったんじゃないかと思いますが、一番いい位置に横たわっているので「この棒が無かったら・・・」と思わざるを得ません。

この点だけはちょっと残念ではありました・・・。

まぁしかし、その点を差し引いても素晴らしい景色であることに変わりはありません。

 

更に、より上級ラウンジとなる「ANAスイートラウンジ」には窓がありません((((;゜Д゜)))))))

なのでこの景色を見るには「ファーストクラス搭乗者」や「ダイヤモンド会員」であったとして「ANAラウンジ」側に来る必要があります。

きっとANAもラウンジの配置にはかなり苦心したんじゃ無いかと思いますが、メジャー重視の選択で間違い無かったんじゃないかと思います。

 

 

 

ラウンジから直接機内へ!

なんとラウンジ内にはフライングHONUの2階席へ直接アクセス出来る専用のボーディングブリッジが設置されています。

なので搭乗も優雅に楽ちん・・・なのですが1つだけ注意点。

ダイヤモンド会員などステータス保持者であっても、1階席の利用者はラウンジ内から直接のアクセスはできません。

一旦ラウンジを出てエスカレーターで降り、通常通りC4ゲートから搭乗する必要があります。

 

 

 

まとめ

フライングHONU就航に併せて新設されたダニエル・K・イノウエ国際空港の「ANAラウンジ」

チェックインカウンターからかなり遠い・・・という難点もありますが、トータルで見ると非常に素敵なラウンジです。

是非また訪れたいと思わせてくれる空間に仕上がっていましたよ!(^_^)

 

 

 

マイレージの世界はとっても楽しい!

マイレージ制度、ちょっと複雑ではありますが、一度理解して使いこなせるようになると本当にお得です。

お得な使い方などを見つけるのは、なんだか「法律の抜け道」を探しているようでワクワクしてしまいます(^_^)

私はマイルの魅力にどっぷりとハマってしまいました(^_^;)

一日中マイルのことしか考えてないよ

旅ガエル

これからもたくさん貯めて思いっきり使いたいと思っています(^▽^)

【関連記事】
【裏ワザ?】初心者向けANAマイルの貯め方・陸マイラーになろう!JAL派の方も!

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

by旅ガエル(@tabi_frog