\\『一撃ANA7万マイル超』の入口こちら//

【フライングHONU】エコノミークラス搭乗記とかレビューとか!NH184成田→ホノルル

ようこそブログにお越し下さいました。

寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている「旅ガエル」(@tabi_frog)です。今日は、

乗ってきましたフライングホヌ!今回はエコノミークラスシートを満喫です!

 

仕事都合で就航初便のチケットを泣く泣くキャンセルした旅ガエルですが、HONU号にどうしても乗ってみたく、週末弾丸でハワイに行って参りました!

もちろん機材は往復共にフライングホヌ1号機です\(^o^)/

チケットは貯めたマイルを使っての「特典航空券」です( ̄ー ̄)v

 

今回は、もっとも多くの方が利用することになるであろう「エコノミークラス」で往復。

いやほんと!、この機材のシートで最も進化したのは間違いなくこの「エコノミークラス」ではないかと思います。

もうプレエコなんて要らないよ!

という声も上がりそうなほど充実のシートでありました!

 

 

NH184便

私が搭乗した際のフライトスケジュールは、

20:10成田発 →  8:30ホノルル着 となっていました。

フライト時間としては約7時間。

搭乗口横の窓からは、45番ゲートに駐機しているホヌが良~く見えます!

少し早い時間に撮影したのでまだ周りが明るいですね(^_^) しかし近くで見るとやはりその機体の大きさに圧倒されます。

 

出発時刻の1時間ほど前になると、搭乗口周りはANAスタッフの方や気の早いお客さんなどで少しずつ賑わってきます(^_^)

 

出発時刻の約40分前あたりになると搭乗が開始となりますが、さすがハワイ路線です。2歳以下のお子様連れの事前改札を利用する方がかなり多い!

30~40人くらいの人が事前改札で先に機内へと吸い込まれていきます。

その後、ダイヤモンドメンバー、プラチナ、スタアラゴールドなど、いつもの順番で優先搭乗が始まります。

私はいつも優先搭乗は利用せずに最後にゆっくり搭乗するのが好きですが、今回はシートの写真が撮りたかったので優先搭乗を利用して少し早めに(優先搭乗の10番目くらいに)機内へと入りました。

 

エコノミークラスだけで、搭乗口が2つに分かれています。さすが1階フロアが丸々エコノミークラスだけの事はありますね(^_^)

ファースト、ビジネス、プレミアムエコノミーの方々は、右側に進んで2階席へと繋がるボーディングブリッジから直接2階フロアへとアクセスします。

 

機体入口にはCAさんも待機(^_^)

 

 

 

機内はさすがの広さ

機内はさすがに広いです。特に1階席は左右の壁がほぼ真っ直ぐに立っていることもあり、天井空間も非常に開放的に感じます。

2階席だとどうしても天井側が幅狭になるので客室の開放感としては1階フロアの方があるように思います。

写真では荷物入れが開いて降りてきていますが、これを全て閉めると天井が高くてとても広く感じます。

 

 

 

このエコノミークラスシートは凄い!

フライングホヌのシートマップはこうなってます。

私はエコノミークラスなので1階フロア。今回は「55D」という席を選びました。

中央4列席の通路側に位置する座席です。

初めてこのシートに座りましたが、かなり足元がゆったりしてます。そしてモニター画面がデカイ!

 

もう必要十分なモニターの大きさです。

従来のプレミアムエコノミー席の画面より断然大きく、従来のビジネスクラスに匹敵するレベルの画面サイズ。更に画質もとっても綺麗!

一応画面下に引っ張り出すタイプの操作端末が付いてますが、タッチパネル操作OKなのでエコノミークラスに限っては余り使う機会は無いかも・・・

USB端子もモニター下に1つありますし、足元(前席シートの付け根あたり)にコンセント端子も備わってました。

 

 

足を真っ直ぐ伸ばすことも全然OKでした。

高さ調整可能なフットレストも付いているので、太もも裏の圧迫感を軽減するもの楽ちん!

ヘッドレストも上下に動くし、左右を手前に折り曲げるようにして好みの位置で固定できるので、もう首に巻き付けるネックピローとか持ち込む必要はないと思います。

リクライニングの角度は従来と特に大きくは変わらないかなぁという印象でした。

 

因みに1階席にはトイレが合計8つ設置されています。

ほぼ満席状態での今回のフライトでしたが、トイレも大きな混雑は無かったですね(^_^)

 

 

機内食

今回の機内食はこちら!

billsとコラボした機内食だそうです!ANAも色々頑張ってますよね~

味は好みもあると思いますが、バリエーションが豊富で飽きませんよね。ANAの機内食にハズレなしです!

 

なお、成田→ホノルルのNH184便では、現地到着前の朝食サービスはありません。

その代わりに「軽食」(マフィンとかポップコーン)が入った袋が夕食終了後に支給されます。

 

 

工夫が随所にあって面白い!

さすが勝負を仕掛けたハワイ路線へのANAの意気込みが伝わってくる工夫も随所に!

安全ビデオもフライングホヌ限定バーションとなっていたし(見てると面白くて笑えた)、

 

また、こんなタグも全員に配られました!ゴム製でかなりしっかりとした作り。見た目のデザインも可愛いし、十分に実用できる一品です。

こういうの、良い搭乗記念になりますよね~(^_^)

 

モニター画面では尾翼カメラの画像も常時見ることができ、「飛行機乗ってるぞ~」感も今まで以上に感じることが出来ました!

 

 

 

まとめ

ANAが気合いを入れるハワイ路線

その中心的存在がこのフライングホヌ

それだけにメインとなる「エコノミークラス」の充実度は抜群でした。

 

もちろん更に上位のクラスはもっと良いのでしょうが、チケット代を考えたらホヌ号に関してはエコノミークラスで十分かと思います。

ただ、さすがに奧の席に入ると通路に自由に出るのは難しいので、トイレが近い方は通路側席を確保した方が良いですね。

 

そんなこんなで、あっという間の7時間。

無事ダニエル・K・イノウエ国際空港のC4ゲートに到着となりました(^_^)

一度は絶対に乗ってみる価値ありますよ~!

 

 

 

マイレージの世界はとっても楽しい!

マイレージ制度、ちょっと複雑ではありますが、一度理解して使いこなせるようになると本当にお得です。

お得な使い方などを見つけるのは、なんだか「法律の抜け道」を探しているようでワクワクしてしまいます(^_^)

私はマイルの魅力にどっぷりとハマってしまいました(^_^;)

一日中マイルのことしか考えてないよ

旅ガエル

これからもたくさん貯めて思いっきり使いたいと思っています(^▽^)

【関連記事】
【裏ワザ?】初心者向けANAマイルの貯め方・陸マイラーになろう!JAL派の方も!

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

by旅ガエル(@tabi_frog