『陸マイラーデビュー』したい方はこちら!

カタール航空の機内食で「特別食」をどれにするか迷ってみる

ようこそブログにお越し下さいました。

寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている「旅ガエル」(@tabi_frog)です。今日は、

カタール航空の機内食について。

 

今月後半、カタール航空で

羽田(HND)-ドーハ(DOH) A350-900

ドーハ(DOH)-パリ(CDG) A380-800

パリ(CDG)-ドーハ(DOH) A380-800

ドーハ(DOH)-羽田(HND) A350-900

 

の4フライトを飛ぶ予定。

全ての路線で機内食が出てきますが、全部普通に食べてたらお腹一杯になるだろうし飽きるんじゃないか・・・

ということで、「特別食」でもオーダーして見ようかと迷ってます。

ブログネタにもなりそうですし( ̄ー ̄)v

 

なかなかこんな機会でも無いと頼みませんよね、特に直行便だと普通に美味しいやつを食べたいじゃないですか!

 

 

カタール航空の特別食

調べてみるとカタール航空の「特別食」には、

「お子様用機内食」「ベジタリアン食」「宗教食」「医学的な理由による特別食/健康食」が用意されている模様。

「お子様用機内食」「宗教食」はトラブルになったりすると困るので選択肢から外すとしても、「ベジタリアン食」「医学的な理由による特別食/健康食」だけ見ても実にこれだけの種類が用意されてました!

 

 

「ベジタリアン食」

  • アジアン・ベジタリアン食(AVML)– インド亜大陸のスパイスを使用したベジタリアン食です。含まれる可能性がある食材:野菜、フルーツ、乳製品、インド亜大陸で使用されるスパイスや香料。少々スパイスを使用している場合があります。含まれない食材:肉、鶏肉、魚、魚介類、卵。
  • ベジタリアン食(ビーガン)(VGML)– はちみつ、卵、乳製品も含め動物性食品を一切使用していないベジタリアン食です。含まれる可能性がある食材:野菜、穀物、フルーツ。含まれない食材:肉、鶏肉、魚、チーズ、はちみつ、卵、牛乳、乳製品。
  • フルーツ盛り合わせ(FPML)– このメニューは、新鮮な季節のフルーツのみを使用しています。含まれない食材:野菜、肉、鶏肉、魚、魚介類、卵、カフェイン飲料、加工度の高い食品、添加物、保存料。
  • ベジタリアン食(生野菜)(RVML)– このメニューは、生野菜と新鮮なフルーツのみをご希望のお客様向けです。次のものが含まれています:生野菜と新鮮なフルーツ。含まれない食材:肉、鶏肉、魚、魚介類、卵、カフェイン飲料、加工度の高い食品、添加物、保存料。
  • ベジタリアン食(卵・乳製品を含む)(VLML)– 卵と乳製品を含むベジタリアン食です。含まれる可能性がある食材:野菜、フルーツ、チーズ、卵、乳製品、大豆製品。含まれない食材:肉、鶏肉、魚、魚介類。
  • ベジタリアン・オリエンタル食(VOML)– オリエンタル風のベジタリアン食です。含まれる可能性がある食材:野菜、穀物、フルーツ。含まれない食材:肉、鶏肉、魚、魚介類、卵、牛乳、乳製品。

 

 

「医学的な理由による特別食/健康食」

  • 糖尿病食(DBML)– 糖分を最小限に抑え、たんぱく質、脂肪分、繊維質、複合炭水化物を同等に含んだ糖尿病食です。含まれる可能性がある食材:低脂肪肉、ゆでジャガイモ、低脂肪乳、プレーンヨーグルト、野菜、新鮮な果物、玄米、パン、パスタ、シリアル、調理方法として蒸すかゆでた食品。含まれない食材:揚げ物、高脂肪食品、砂糖、シロップ、ジャム、スイーツ。
  • 無グルテン食(GFML)– このメニューは、グルテンを摂取しない食事制限をされているお客様向けです。含まれる可能性がある食材:低脂肪肉、魚、米、乳製品、新鮮な野菜とフルーツ。含まれない食材:小麦、小麦粉・大麦・オート麦・ライ麦を使用したソース、スープ、パン、クラッカー、ケーキ、パスタ、スイーツ、スープ、ソーセージ、でんぷん、グレイビーソース。
  • 低刺激食(BLML)– このメニューは、淡泊かつ消化の良い低脂肪食品で、胃の不快感を避けたいお客様向けです。含まれる可能性がある食材:ゆでた肉、柔らかい野菜、マッシュポテト、牛乳、乳製品、および調理方法として蒸した、またはゆでた食品などの低脂肪食品。含まれない食材:揚げ物、高脂肪食品、ナッツ、にんにく、玉ねぎ、香りのきついスパイス、ピクルス、マスタード。
  • 低塩分食(LSML)– 低塩分の食事制限をされているお客様向けのメニューで、調理の際に塩を一切使用していません。含まれる可能性がある食材:低塩分の新鮮な食材または冷凍の食材。ハーブやスパイスで味付けすることもできます。含まれない食材:塩は足されていません。化学調味料、ベーキングパウダー、甲殻類、塩漬けされた肉や魚、グレイビーソース、缶詰の野菜、魚、ピクルス、高塩分のチーズ。
  • 無乳糖食(NLML)– 乳糖不耐症で乳製品を摂取できないお客様向けのメニューです。含まれる可能性がある食材:肉、魚、パスタ、米、ジャガイモ、野菜、フルーツ。含まれない食材:牛乳、ヨーグルト、チーズ、クロワッサン、ロールパン、アイスクリーム、シャーベット、プディング、その他の乳製品すべて。
  • 低カロリー食(LCML)– このメニューは、低カロリーの食事制限をされているお客様向けです。含まれる可能性がある食材:低脂肪肉、低脂肪の乳製品、複合糖質、および調理方法として蒸した、またはゆでた食品。含まれない食材:揚げ物、高脂肪食品、砂糖、全乳製品、高脂肪肉、スイーツ、マヨネーズなどのソース、サラダドレッシング。
  • 低コレステロール/低脂肪食(LFML)– 飽和脂肪の量を制限した低脂肪の食事をされているお客様向けのメニューです。含まれる可能性がある食材:低脂肪肉、鶏肉、魚、低脂肪乳製品、卵白、全粒パン、新鮮なフルーツ、および調理方法として蒸した、またはゆでた食品。含まれない食材:揚げ物、高脂肪食品、動物性脂肪、卵黄、全乳製品、甲殻類、高脂肪肉、ナッツ。

 

 

う~ん迷います・・・

正直これだけ種類があると迷いますね。

往路・復路共に1回ずつの計2回を特別食にしてみようと思うので、「ベジタリアン食」を1回、「医学的な理由による特別食/健康食」を1回選択するのがまぁ順当。

 

フルーツ盛り合わせとか、別に特別食でなくてもオーダーできると思いますが、入っているものが違うのでしょうか?まぁそれを確認するためにオーダーするんですけどね・・・

直前(24時間前までオーダー可能)まで迷うつもりですが、今のところ有力なのは「アジアン・ベジタリアン食(AVML)」と「低コレステロール/低脂肪食(LFML)」まぁ特別食としては無難なところではないかと・・・

 

ドーハのラウンジでもかなり豪華な食事があるようなので、あまり機内で食べ過ぎると後悔してしまうかも知れません。

 

どの特別食を選んだのかは、後日機内食レポートとしてお届けしようと思います。

 

因みに、上級会員資格を持っていて、座席のアップグレードを狙っている路線では絶対に「特別食」は選んではいけません。選ぶとそれだけでアップグレードの対象から外されてしまいますよ(プレミアムエコノミーなど食事内容に変更がない場合は影響がないかも知れません)。

 

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

by旅ガエル(@tabi_frog