\\『一撃ANA7万マイル超』の入口こちら//

【ANA国内線】「マイル」と「スカイコイン」どちらがお得なの?違いを比較してみた!

ようこそブログにお越し下さいました。

寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている「旅ガエル」(@tabi_frog)です。今日は、

「マイル」と「スカイコイン」の比較について少し詳しく検討してみたのでその纏め。

 

マイルがそれなりに貯まってくると「飛行機=マイルで乗る」という思考にどうしてもなってしまいます。

そういう思考になること自体、陸マイラーとしてはある意味「成功」とも言えるの喜ばしいことでもありますね\(^o^)/

・・・が、必ずしも貯めた「マイル」をそのまま使うより「スカイコイン」に交換してから飛行機チケットを購入する方がお得だったり便利だったりする場面があったりもします。

時期や路線、搭乗する目的などによって「マイル」「スカイコイン」のどちらが有利なのかのメルクマール~境界線みたいなものは変わってくるので、「普遍的な絶対基準」のようなものを示すことは難しいですが、ザックリとした基準なら示す事ができるかも・・・ということで記事として纏めます。

※この記事ではANAの「国内線」に乗ることを前提として書いています。

 

 

 

そもそも「スカイコイン」って何?

ANAのウェブサイト(スカコインのページ)」をみても定義のようなものは書かれてませんが、簡単にいうと、

『ANA専用の仮想通貨』みたいなものです。

※ANA航空券はもちろん、ANAの旅行商品(ANAスカイホリデー、旅作など)の支払にも使えます。

単位は「コイン」。「1コイン=1円」のレートでANA航空券やANAツアーの支払に利用することができます。

単位 コイン
レート 1コイン=1円相当
有効期限 1年(コインを獲得してから1年)

 

トリさん可愛いね!

旅ガエル

ANA公式動画もあったので貼り付けます。

 

 

 

「マイル」を「スカイコイン」に交換する

「スカイコイン」は、マイルを交換することによって得ることができます(マイルを交換する以外にもスカイコインを貯める方法はありますが、それほどお得じゃないのでココでは割愛します)。

 

【マイルからスカイコインへの交換レート一覧表】


※画像はANAホームページから引用

上の表にある通り、マイルからスカイコインへの交換は、「所有するステータス」「一度に交換するマイル数」によって、大きく変動します。

1万マイルに満たない場合の交換は、ステータスにかかわらず1倍(1マイル=1コイン)ですが、一度に交換する量が増えれば増えるほど、交換倍率が高くなってお得に交換可能。交換するならある程度纏めて交換したいところです。

MEMO
ANAカードを持っているだけで、スカイコインへの交換レートが飛躍的に良くなるので、ANAカードは1枚やはり必須ですね!

 

交換したスカイコインは、ANAウェブサイトで決済する場面で使用します。通常通り航空券の購入手続を進めてゆき、最後に決済手段を選択できますから、その時に「スカイコイン」を選択すればOK!

コインを一部にだけ充当して、残りは現金(クレジットカード)という支払方法も可能です。

 

 

 

「マイル特典航空券」と「スカイコイン購入チケット」は何が違う?

スカイコインで購入するチケットは、普通にお金を払って(有償で)購入するチケットと全く同じもの。単に支払う手段が「現金」から「スカイコイン」に変わっただけの話。

よって「特典航空券」と比べるとこのような違いが出てきます。

スカイコイン購入チケット 特典航空券
チケット確保のし易さ 確保しやすい傾向 確保しにくい傾向
フライトマイル 積算されます 積算されません
ステータスポイント 積算されます 積算されません
ライフタイムマイル(生涯マイル) 積算されます 積算されます
変更やキャンセル 有償購入の場合と同じ 特典航空券独自の基準が適用

スカイコインは現金と基本的に同じ扱いなので、有償で購入したチケットと取り扱いは同じ。フライトマイルも付与されますし、ステータスポイント(上級会員ステータスを判断するためのポイント)も付与されます。

一方特典航空券の場合は、付与されません(ただし、ライフタイムマイル(生涯マイル)だけは、積算されます。)。
ANAのミリオンマイラーに憧れる!ライフタイムマイル(LTマイル)貯めるぞ・・・

スカイコイン購入チケットは、通常通り「フライトマイル」が積算されますから、このマイルバック分まで考慮してトータルで「お得度」を考える必要があります。

 

 

 

「スカイコイン」の方が航空券を確保し易い!

最も重要な「航空券の確保のし易さ」についてはスカイコインに軍配が上がります。

「特典航空券用の座席数には制限がある」ことが理由。

一方スカイコインは、有償購入チケットと同じ「枠」で購入できます。

たとえ他の席がガラガラであっても、特典用に開放している座席が予約が埋まってしまうとマイルを使って航空券を確保することができません。

そういう意味ではスカイコインの使い勝手は抜群です!

特典航空券で予約したいけど空いてない・・・といった場合はスカイコインに交換して使うという方法も大いに「アリ」ですね(^_^)

 

 

 

常に「特典航空券」の方がお得・・・とは限らない

一般論としては、マイルでそのまま「特典航空券」を確保する方が消費するマイルは少なくて済みます。

・・・が、予約する日時がそこそこ先の場合(概ね1ヵ月以上先の場合)、実は部分的に逆転現象が起こり始めます!

ここでは「羽田-那覇」の例でシミュレーションしてみますね。

因みに特典航空券で「羽田-那覇」に必要なマイル数は片道9,000マイル(レギュラーシーズン)です。

MEMO
ローシーズン・・・7,000マイル、ハイシーズン・・・10,500マイル

 

 

【一週間後のチケットを確保する場合】※ブログ作成日を基準

一週間後の「羽田→那覇」の航空券を探すと最安値は24,110円

9月23日はレギュラーシーズンとなるため、マイル特典で確保できれば9,000マイルとなります。

仮に9,000マイルを1.5倍のレートでスカイコインに交換したとしても13,500コイン(13,500円相当分)にしかなりません。搭乗によるマイルバック(ステータスによるが、1,000マイルと一律に仮定)を考慮しても特典航空券の方が圧倒的にお得です。

更に特典航空券の場合は、特典用の空席さえあれば、どの便に乗っても同じマイル数なので、航空券の値段が高い便を利用したいなら更にその差は広がります。

A:一週間後なら特典航空券の圧勝!

 

 

【約1ヵ月後のチケットを確保する場合】

同じように「1ヵ月後」をみると、最安値は10,310円

一気に安くなってきました\(^o^)/

10月26日はレギュラーシーズンとなるため、マイル特典で確保できれば9,000マイルとなります。

9,000マイルを1.5倍のレートでスカイコインに交換すると13,500コイン(13,500円相当分)になります。更に、搭乗によるマイルバック(1,000マイルと仮定)まで考慮してこれも同じレートでスカイコイン換算して加えると13,500+1,500=15,000コイン(15,000円相当分)となります。

よって、最安値若しくはそれに準ずる値段の便で大丈夫であれば、特典航空券よりもスカイコインで航空券を購入した方がお得です。

一方、2万円を超えてくるような便を使いたい場合は特典航空券に軍配が上がります。

A:1ヶ月後は便による。ただし全体的にはやや「特典航空券に軍配」!

 

 

【約2ヶ月後のチケットを確保する場合】

どんどんいきましょう、今度は「2ヵ月後」。最安値は9,110円

更に安くなってます\(^o^)/・・・がちょうどこの日は土曜日なので、全体的に少し高めになってます。参考までに下に前日「金曜日」のものも貼っておきますね。

この日も同様にレギュラーシーズンなので、マイル特典で確保できれば9,000マイルとなります。

9,000マイルを1.5倍のレートでスカイコインに交換すると13,500コイン(13,500円相当分)になります。更に、搭乗によるマイルバック(1,000マイルと仮定)まで考慮してこれも同じレートでスカイコイン換算して加えると13,500+1,500=15,000コイン(15,000円相当分)となります。

安い便を使えるなら間違いなくスカイコイン利用の方がお得ですが、15,000円を大きく超える便も半数程度存在しますね。

両者非常に拮抗しています。

A:2ヶ月後も便による。ただし全体的には「引き分け」!

 

因みに(平日)ならこんな感じ。最安値は同じでも、他の便の値段が相対的に安くなってるがの分かると思います。

 

 

【約4ヶ月後のチケットを確保する場合】

さて最後は4ヶ月後。最安値は9,010円。更に他の時間帯の便もかなり安くなってます。

もう検討しなくてもスカイコイン利用だね・・・と思いたいですが、実はこの時期は「ローシーズン」。

よって、マイル特典で確保できれば7,000マイルとなります。

7,000マイルを1.5倍のレートでスカイコインに交換すると10,500コイン(10,500円相当分)になります。更に、搭乗によるマイルバック(1,000マイルと仮定)まで考慮してこれも同じレートでスカイコイン換算して加えると10,500+1,500=12,000コイン(12,000円相当分)となります。

安い便を使えるなら間違いなくスカイコイン利用の方がお得。12,000円を少し超えてくる便も半数程度存在しますね。

4ヶ月先になっても変わらず両者の拮抗状態は意外にも変わりません。

A:4ヶ月後も便による。ただし全体的には「引き分け」

 

 

 

特典航空券は日時変更が「無料」でできるメリットも!

この話の流れで行くと、日程が先の場合はスカイコインが有利・・・という話になりそうですが、1つだけ考慮しておくべき点があります。

それは、「特典航空券は日時の変更が何度でも無料でできる」という点。

もちろん特典用の座席に空席がある事が大前提の条件となりますから、自由に日時の変更OK・・・ということではありません。

 

ただ、やっぱり日時の変更ができるというのは大きな魅力です。

スカイコイン購入チケットの場合は、その購入したチケットの種類によってキャンセル条件などは大きく異なります。

値段の安い航空券(スーパーバリュー75など)の場合は基本日時の変更は不可なので取り直す必要がありますし、キャンセルする場合は概ね30~60%程度の手数料が必要となります。

この点も頭に入れてどちらが自分にとって便利なのか、判断する必要があります。

 

 

 

まとめ

上記はあくまでこのブログを書いている日を基準として「羽田→那覇」を例にシミュレーションしただけなので、時期や路線によって変わってくるとは思いますが、概ね同じような傾向になるかと思います。

よって、カエルおすすめの考え方としては、

搭乗日が1ヶ月以上先の航空券をマイルで確保するなら、スカイコイン利用も検討すべし!

便によっては特典航空券よりお得\(^o^)/

一ヶ月より手前なら、(空席があれば)「特典航空券」を利用した方がお得ですね。

 

なお、上記では「マイル」→「スカイコイン」の換算レート「1.5倍」で検討しています。より高いレートを使える方であればスカイコインの優位性がより高くなる筈。

一方で、高い交換レートを使うには、ある程度纏めて「マイル」→「スカイコイン」を交換する必要があるため、交換したスカイコインの「使い残り」にも注意しておく必要がありますね(^_^)

 

 

 

マイレージの世界はとっても楽しい!

マイレージ制度、ちょっと複雑ではありますが、一度理解して使いこなせるようになると本当にお得です。

お得な使い方などを見つけるのは、なんだか「法律の抜け道」を探しているようでワクワクしてしまいます(^_^)

私はマイルの魅力にどっぷりとハマってしまいました(^_^;)

一日中マイルのことしか考えてないよ

旅ガエル

これからもたくさん貯めて思いっきり使いたいと思っています(^▽^)

【関連記事】
【裏ワザ?】初心者向けANAマイルの貯め方・陸マイラーになろう!JAL派の方も!

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

by旅ガエル(@tabi_frog