\\『一撃ANA6万マイル超』の入口こちら//

【ハピタス超完全解説】マイルの貯め方~ポイント移行(ANA・JAL対応&2019年7月最新)

ハピタスの超完全解説

ようこそブログにお越し下さいました。

寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている「旅ガエル」(@tabi_frog)です。

陸マイラー必須のポイントサイト「ハピタス」の使い方について~
「ポイントの貯め方」~「貯めたポイントをマイルに移行する手順」までの超完全解説です!

もちろんTOKYUポイントルートの内容まで反映した2019年7月最新の内容です!

 

ちょっと長い記事になってます<(_ _)>

旅ガエル

実際私は、今でもハピタスメインで利用してます。やれば確実に稼ぐことができます。これホントです。

『マイルを稼ぎたい』という方に必要なのは「行動力」のみ!

ちょっとした手間を惜しまなければ、一年も経たない間に、10万マイルはおろか20万マイルを超えてマイルを貯めることも現実に可能です。

実際に私がポイントサイトを使って『9ヵ月で19万マイルを貯めた記事』もありますから、ぜひこちらもご覧下さい!

【実録】9ヵ月間でこれだけANAマイルが貯まったよ!

マイルを貯めて好きなところに飛んじゃいましょう! ✈

あっ、ハピタスってここですね  ご存じ無い方は一度覗いてみて下さい。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

 

 

ポイントサイト(ハピタス)の仕組み

最初に少しだけ「ポイントサイトの仕組み」を説明しておきますね(^_^)

ハピタスの仕組み

 

利用者がポイントサイト(ハピタス)を経由して「ネットショッピング」や「クレジットカードの発行」を行うと、広告主からポイントサイト(ハピタス)に広告料が入ります。

その広告料の一部が、利用した我々にポイントとして還元されます。

広告主も嬉しい!

ポイントサイトも嬉しい!

我々ユーザーもお得で嬉しい!

全員が嬉しい仕組みがポイントサイトです\(^o^)/

 

読者の方の中にはもしかすると、

『ポイントサイトってねずみ講と同じじゃないのか?』とか、

『法に触れるようなものじゃないのか?』

といったイメージを持っている方も少なからず居るかも知れませんが、全く異なりますから安心して下さい。

ねずみ講でもありませんし、法にも触れません。インターネットによって生まれた新しい広告の形に過ぎません。

 

 

 

ハピタスの基本スペック

ポイント価値(交換レート) 1P=1円
ポイント交換単位 300P~(交換先により変動)
ポイント交換上限(月) 30,000ポイント(ポレットは別枠で30万ポイント)
ポイント交換に要する時間 リアルタイム~3営業日程度(交換先により変動)
ポイントの有効期限 なし(但し、最終ログインから12ヶ月間ログインしないとハピタスのアカウント(会員登録)自体が失効し、ポイントも消滅するので注意!
主なポイント交換先 PeX
.money(ドットマネー)
Pollet(ポレット)
Amazonギフト券
nanacoギフト
楽天Edy
ビットコイン
現金 など多数

 

 

 

ハピタスの特徴

  • 大手ポイントサイトで安心
  • 広告案件多数
  • みんなdeポイント
  • モニター案件(外食モニターなど)
  • 通帳記載制度
  • お買い物あんしん保証制度

「ハピタス」は、私にとっての「キングオブポイントサイト」。私が今まで貯めたマイルの多く(70%くらいかな?)は、このハピタスが起源となっています。

2018年3月の「ソラチカルート封鎖ショック」以降、陸マイラーの一番人気は「モッピー」に移っていましたが、2019年6月に「TOKYUポイントルート」が開通したことによって、マイラー一番人気のポイントサイトに返り咲くことは間違いないでしょう!

 

ハピタスは、

利用者も多く広告案件も多数(3000件以上)ある・・・ということはもちろんですが、

「広告を利用したのにマイページの通帳にポイントが反映されない」

「広告を利用したのに無効判定になった」

といった場合でも窓口が本当にレスポンス良く対応してくれますし、「通帳記載制度」「お買い物あんしん保証制度」といったハピタスならではの保証制度もあって、特にポイントサイト初心者にとって安心できる材料が豊富なのが一番です!

ハピタスあんしん補償

これって見せかけではなく本当に保証してくれるんですよ!私も過去3回ほど助けてもらっています。しかも全て1万ポイントを超えるような大型案件で!

ちゃんと条件を満たしているにも関わらず無効となったので、問い合わせ窓口からその旨問い合わせると、その日~翌日くらいには以下のようなメールが届きます。対応のレスポンスも早くて不安な立場としてはとっても有り難かったです。

ハピタスから届いたメール

 

・・・で、最終的にはこの件、メールに書かれている3ヵ月を経過しても広告主から誠意ある回答がなかったのです(ハピタスではなくて広告主の不備、この時はムカついた!)。

そうしたところ、ハピタス側から「広告主からの正式な回答はありませんが、ポイント全額を付与します」といった神対応! 

ハピタス大好き!

旅ガエル

 

ハピタスから届いたメール-2

 

とっても誠意があるし、真面目な対応ですよハピタスは!使用者としては本当に安心して利用できますよね。

実は今も無効になってしまった案件の問い合わせをしている最中です・・・(^_^;) しかもこれも高額案件(20,000ポイント!)がんばります!

※【追記】無事ポイントを頂くことができました\(^o^)/

 

「広告を利用したらちゃんとポイントが貰える」

当たり前のことですが、これが完全じゃないポイントサイトは実際に多い。でもハピタスだけは経験上それが一切無いのです!

だから初心者の方にもオススメしやすい。


 

また、私がよく利用するのは、「みんなdeポイント」。短期間だけ募集する広告案件。期間または人数を限って、その間だけ付与されるポイントがアップするというもの!

みんなdeポイントは、ネット上の人気サービスや人気商品を期間・参加人数限定で大幅ポイント還元される新しいお得なサービスです。

とハピタスHPに記載されている通り、2日~4日といった短期間だけ、且つ、人数限定!

 

例えば、普段「2,000ポイント」しか付与されない広告案件が、この間だけ「8,000ポイント」付与されるなど、お宝案件を掘り出すことができます。

みんなdeポイント
※画像はハピタスHPより引用。以下同じ

ちょうどこの記事を書いているタイミングではこんなのが出てましたよ!かなりポイントがアップしてますね。私も広告踏んじゃおかな(^_^)

このお宝案件を見つるけるには、やはり、定期的なサイトのチェックに限ります。できれば週2~3回はチェックしたいところ。そうすれば必ずおいしい案件を見つけることができますから!

 

 

 

マイルを貯めるまでの流れ

  • Step.1
    ハピタスに会員登録
    まずはハピタスに登録しないと始まりません。これは絶対に必要です。
  • Step.2
    広告を利用する
     広告を利用することによりポイントがもらえます。クレジットカード案件が最も効率的!
  • Step.3
    ハピタスポイントをマイルへ移行
    ポイント交換を何度か繰り返してANAマイルへと移行します。どの「移行ルート」を使うのかが鍵になります!
  • Step.4
    マイルGet!
    あなたのマイル口座にマイルが貯まります。
  • Step.5
    マイルを使う
    飛行機で好きなところに飛びましょう\(^o^)/

 

 

 

登録方法

続いてハピタスの登録方法について。簡単なので説明するまでもないのですが、

こちらのサイトから簡単に登録できます(こちら)。所要時間約1~2分

ハピタス登録画面

① 「ハピタスを始める」のボタンを押すと下のような画面が出てきます。

 

 

ハピタス会員登録入力フォーム

 

② メールアドレス、パスワード、ニックネームを入力して「次へ」をクリック。

 

ハピタス会員登録入力フォーム-2

 

③ 必要事項を入力して利用規約に同意したら「確認画面」で確認し、問題がなければ「送信する」をクリック。

 

④ 入力した電話番号当てにショートメールが届くので、そのメールに記載のURLをクリックして登録を完了させて下さい。

とっても簡単です(^_^) 1~2分で終わります。

 

 

 

 

ポイントの貯め方(広告を利用するコツ)

ハピタスには多くの広告案件があるので、色々なパターンでポイントを貯めることができます。

「お買い物で貯める」「提携先のサービス利用で貯める」「アンケートで貯める」「旅行で貯める」「口コミで貯める」「クレジットカード発行で貯める」・・・などなど

自分の好みで色々とトライしてみるのも面白いです。

 

ただ、

陸マイラーという観点からいうと、ある程度ガッツリポイントを貯めたい

という方が多いと思うので、それを考慮すると

  1. クレジットカード案件
  2. FX口座開設案件
  3. 不動産・保険の面談案件

この3つが大量のポイントを稼ぐには極めてインパクトが大きい案件となります。

私はFXに関する知識がなく、かえって損をしそうなのでやったことはありません(口座開設のみでポイントが付与されるものもありますが、開設後一定量の取引が条件となっているケースが最近は多いように思います。大量のポイント欲しさに手を出して「かえってFXで損をした」なんてことにならないように注意して下さいね)。

また、「無料で面談するだけで高額ポイント」が売りの不動産や保険の面談案件も確かにあります。しかも2万~3万ポイントがもらえるような一撃必殺の超ビックリ案件も多数。しかし色々と条件が厳しくて(やれ収入証明書を提出しろとか、健康保険証を提示しろなど)、嫌な思いもしたことがあるので、これも正直強くお勧めしません(上で紹介した「利用したのに無効にされた」というのはこの不動産案件です)。

やっぱり一番はクレジットカード案件。私は、基本的に毎月1~2枚のクレジットカード案件と、ネットショッピングをする際にハピタス経由で購入するのを、コツコツやっています。

旅ガエルはクレカ大好きです

旅ガエル

陸マイラーをやるには「ソラチカ」とか「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」といったクレジットカードは必ず必要になるので、クレジットカード自体の知識も増えますし、自分にピッタリのクレカを見つけることができる可能性もあります。陸マイラーとクレジットカードはとても相性がよく、相乗効果もあってメリット大!

定期的にハピタスのサイトを見ていると、毎月必ず「おいしいクレジットカード案件」が出てきますから、マメな案件チェックが一番のポイントです。

なんと言ってもクレジットカード発行案件は、「ポイントの付与条件がシンプルで明確」なので、個人的にはクレジットカード案件が最もオススメです!

 

最近は政府をあげて「キャッシュレス決済」への移行を推進していますよね。クレジットカードで決済するとそのクレジットカードの「ポイント」が貯まるのはご存じだと思いますが、結局はこのポイントって商品を販売する者がクレジットカード会社に支払う手数料の一部をカード利用者に還元されているだけの話です。

「キャッシュレス決済」の割合が増えてくると、キャッシュカード等で決済されることを前提にして、その手数料が最初から組み込まれた商品の価格設定に変わっていくはずです。そういった時代にポイント還元がない現金決済を頑なに貫いていると、それだけで「損」をすることになってしまいます。

これからの時代、クレジットカードでの決済は益々不可欠な時代になっていきますから、クレジットカードに関する知識(どのカードがポイント還元率が高い・・・といった知識)は持っていてぜったいに損はありません。そうした知識の勉強にもなりますから、クレカ発行によるポイ活は一石二鳥にも三鳥にもなるというわけなのです!

 

下の記事の中にも、実際に私がどのようにポイントサイトの案件を利用したのか詳しく書いています。よければ参考にして下さい。
【実録】9ヵ月間でこれだけANAマイルが貯まったよ!

 

 

継続しやすいモニター案件も登場!

「ハピタス」ではモニター案件でポイントを稼ぐ事ができるようになりました!

大きく分けて2つあって、「店舗モニター」「通販モニター」の2種類。

「店舗モニター」は指定の店舗(殆どが居酒屋などの飲食店です。エステや整体などもあり)に行ってサービスを受け、その内容をアンケートに記入して提出します。

「通販モニター」は、通販で商品(化粧品や健康食品、日用品が多い感じ)を購入し、それを使った感想をアンケートに書いて提出します。

たったこれだけ!

モニターの流れ

ただし、どの案件も抽選となっていて枠が設定されているので、早めに申し込まないとモニターの枠がいっぱいになってしまいますから注意!

 

獲得できるポイントは、飲食代や商品代金の30~60%程度に設定されているケースが多いです。中には100%還元というビックリ案件もありますね!

仮に50%還元だとしたら、1万円の飲食代に対して5,000ポイントもバックされるわけです。これは大きい!

ハピタスのHPではこんな店舗やお店が掲載されています!

これが「店舗モニター」

ハピタス店舗モニター

 

実際にモニターをやってみました!本当に簡単にポイントがもらえてビックリ!((((;゜Д゜)))))))
【ハピタス】店舗モニター案件登場!外食でポイントが貯まる\(^o^)/

 

 

 

貯めたポイントをANAマイルへ交換する方法

さて次は、ハピタスで貯めたポイントを「ANAマイル」に交換する手順を見ていきましょう。

ハピタスで貯まるポイントは、あくまで「ハピタスポイント」なので、そのままANAマイルとして使うことはできません。そこで、色々なポイントへの交換を繰り返しながら、目的のANAマイルへと移行させて行く必要があります。

下の図は、ハピタスからANAマイルへとポイントを移行する際の交換ルートを1枚のシートに纏めてみました。黄色い数字はその部分の交換レートを意味していています。

 

ハピタスで貯めたポイントは上の図にあるように

「ハピタス」→「Pex」→「ワールドプレゼント」→「Gポイント」→「LINEポイント」→「東京メトロポイント(ソラチカカード)」のルートを経て「ANAマイル」に交換します。これが王道の「ソラチカルート」

全体の交換率で「81%」。ハピタスで貯めた10,000ポイントを「8,100ANAマイル」に交換することが可能です。

1マイル=2円の価値があると言われていますから、この交換ルートを使うことによって、ハピタスの10,000ポイントを16,200円の価値に交換できたことになりますね\(^o^)/

ただし、ANAマイルに辿りつくまで6も交換作業が必要なので、その点が一番のデメリットです(T-T)

6回ですよ6回!もう交換でヘトヘトです。時間もかかるし・・・

 

一方で「ワールドプレゼント」「Gポイント」をスルーして、「Pex」から直接「LINEポイント」へ交換し、「メトロポイント」へと流し込むルート、名付けて「第2ソラチカルート(Gポイントスルーソラチカルート)」もあります。交換率が少し下がってしまいますがANAマイルまでの交換回数が4回というのは本家ソラチカルートに比べると少し楽。ただし2019年6月に「TOKYUポイントルート」が開通したので、このルートの存在意味は殆ど無くなってしまいました。

 

2019年6月に突如開通した「TOKYUポイントルート」\(^o^)/\(^o^)/

ANAカードの1つである「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を発行する事によって、「.money」経由でANAマイルへの交換が可能となります。

なにより交換回数が少なくて済むというのが大きなメリットです(しかも交換レートもそれほど悪くない)。

 

最後は「Tポイントルート」。上の図には含めてませんが「TOKYUポイント」の部分を「Tポイント」に置き換えると「Tポイントルート」となります。

交換にクレジットカードの発行が不要という特徴がありますが、「Tポイント」→「ANAマイル」の部分の交換レートが50%なので、全体の交換レートは落ちてしまいます(T-T)

 

【ハピタスからANAマイルまでの交換ルートまとめ】

全体の交換率 交換回数 特記事項
ソラチカルート 81% 6回 メトロポイント→ANAマイルの部分で、20,000ポイント(18,000ANAマイル)/月の交換上限あり
第2ソラチカルート 73.6% 4回 ソラチカルートより交換率低下
TOKYUポイントルート 75% 3回 交換回数が少なくレートも悪くない!

ハピタス→.moneyの部分で月間3万ポイント(22,500ANAマイル)/月の交換上限あり

Tポイントルート 50% 3回 交換にクレジットカード不要

交換作業の手間と交換レートを総合的に考えると、「TOKYUポイントルート」がベストではないかと思います!

 

なお、それぞれの交換ルートには毎月の交換上限がある点には注意しないといけません。

ソラチカルートの場合、「メトロポイント」→「ANAマイル」の交換の部分で、20,000ポイント/月の交換上限が設定されています。どんなにポイントを貯めたとしても、交換できるのは1ヶ月につき20,000ポイントまでなので、獲得できるのは18,000ANAマイル止まりとなります。年に換算すると「216,000マイル」がソラチカルートによる獲得上限となります。

一方で、ソラチカルートと異なり、「TOKYUポイントルート」の交換上限は少し余裕があります。具体的には、「ハピタス」→「.money」の部分で月間交換上限が3万ポイントに制限されるため、22,500マイル/月が事実上の上限となり、年間最大27万マイルまで貯める事が可能です。更には、ハピタス以外のポイントサイト(例えばモッピー)からも「.money」にポイントを移行する事ができるため、ハピタスとモッピーの合せ技を使えば更に多くのANAマイルを獲得する事も可能になってきます。

MEMO
複数のポイントサイトから「.money」にポイントを流し込んだ場合でも、「.money」→「TOKYUポイント」の部分で、月間10万ポイントの交換上限が設定されており、ここがボトルネックとなります。

 

 

 

【ハピタス→JALマイル】

なお、ハピタスポイントをJALマイルに交換することも可能です。上の図ののように、「.money」から「JALマイル」に直接交換できます。ただしこの部分の交換レートが「50%」となってしまうので、全体の交換レートとしてもこの部分がボトルネックとなり「50%」となります。

・・・が、JALマイルは(ANAマイルに比べて)特典交換に必要なマイル数が少なく、且つ、特典航空券を確保し易い傾向があるので、レートは50%となりますが実際に使う場面まで考えると悪くないですよ!

いま許されているポイント交換環境を考えると、JALマイルを貯めたい人は現時点では「ハピタス」よりも「モッピー」の方が利用しやすいです。JALマイル中心の方は、「モッピー」をメインにして、サブ的にハピタスを利用するのが効率的ですね。

モッピー」の使い方はこちらに纏めているので参考にして下さい!

【モッピー超完全解説】マイルを貯める~ポイント移行(ANA・JAL対応&2019年7月最新)

 

 

各ポイントサイトに登録される方はまとめてリンクを置いておきます。

「ハピタス」の登録はこちらからどうぞ!

「Pex」の登録はこちらからどうぞ!

「Gポイント」の登録はこちらからどうぞ!

「LINE」の登録はこちらからどうぞ!

「.money」の登録はこちらからどうぞ!

 

 

ポイント交換に必要となるクレジットカード

最後に、「ソラチカルート」を使うには「ソラチカカード」(ANA To Me CARD PASMO JCB)が、

「TOKYUポイントルート」を使うには「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」が、

それぞれ必要になります。両方ともANAが発行するクレジットカード。

 

それぞれ年会費2,000円(税別)必要になりますが、これは陸マイラーになるための投資だと思っていただくしかありません(それぞれ年会費の割引制度あり)。

しかしそれぞれ1,000マイルが入会時及び更新時にプレゼントされるので(要するにカードを所有しているだけで毎年1,000マイルずつもらえるので)、大きな損失はありません。

入会キャンペーンなどやってることも多いので、2枚とも早めに発行しておいても損はないと思います。

 

「ソラチカ」についてはメリットデメリット含め下の記事で詳細に検討してるので参考にして下さい。

関連記事
【ANAマイラー】どうして「ソラチカ」や「nimoca」が必要? 【ハピタス】店舗モニター案件登場!外食でポイントが貯まる\(^o^)/

 

 

おまけ

「ハピタス」→「Pex」→「ワールドプレゼント」→「Gポイント」→「トラノコ

のルートを使えば、ハピタスで貯めたポイントを「投資」に回すことも可能です。

マイルに交換する以外でもハピタスはかなり使えますから、マイルに飽きても無駄になりません!

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか? 最後まで読んで頂きありがとうございました<(_ _)> 疲れますね(^_^)

私はポイントサイトに出会ったおかげで「マイルを大量に貯めて飛行機に乗りまくるという世界」に身を投じることができました。そのおかげで世界も変わったし人生のランクが少しアップしたように感じています。

そういった感覚をこのサイトに来て頂いた皆さんにもぜひ体験してもらいたいと思っています。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
稼いだポイントをANAマイルやJALマイルに交換して、世界のファイブスターエアラインである「ANA」「JAL」の「ビジネスクラス」「ファーストクラス」をぜひ体験して下さい(プロフィールに、私がファーストクラスに乗った体験を少しだけ書いてます)!

また、貯めたマイルを「スカイコイン」や「eJALポイント」に交換して、SFC修行やJGC修行のための費用に充てるというもの賢い選択ですv(^_^)v

最後までお読み下さりありがとうございました。

by旅ガエル