『陸マイラーデビュー』したい方はこちら!

【ANAマイラー】どうして「ソラチカ」や「nimoca」が必要?

旅ガエルです。

ようこそこのブログにお越し下さいました。今日は、

陸マイラーにはどうして「ソラチカ」や「nimoca」が必要なのか?

について説明したいと思います。

知っている人にとっては当たり前の話ですが、私も最初はよく理解できなかったです。

 

「ソラチカ」や「nimoca」なんてなくてもANAマイルは貯められる!

「ソラチカ」とは、正式にはANA To Me CARD PASMO JCBというやたら長い名称のクレジットカードで、ANAと東京メトロが共同で発行しているANAカードの一種です。※画像はhttp://www.sorachika.jp/から引用

 

「nimoca」とは、正式にはANAnimocaとうクレジットカードで、ANAと西日本鉄道株式会社が共同で発行しているANAカードの一種です。※画像はhttps://www.nimoca.jp/から引用

いずれも交通系電子マネーを搭載したクレジットカードであるという点で同じ。

 

実は、「ソラチカ」や「nimoca」なんて持っていなくてもANAマイルを貯めることは可能です!

ポイントの種類 ANAマイルへの交換ルート(一例です) 交換レート
モッピー モッピー→Gポイント→Tポイント→ANA 50%
Gポイント Gポイント→Tポイント→ANA 50%
ハピタス ハピタス→Pex→Tポイント→ANA 50%
ちょびリッチ ちょびリッチ→Tポイント→ANA 50%

このように、Tポイントを経由させることによって、ハピタスやモッピーで貯めたポイントをANAマイルに交換することが可能なんです。よって、「ソラチカ」や「nimoca」など持っていなくてもANAマイルを貯めること自体は十分可能です。

しかし問題はその交換レート、Tポイント:ANAマイルが2:1の交換レートとなっていることから、この部分でマイル交換効率が一気に落ちてしまいます。

ポイントサイトで貯めた10,000ポイントが、5,000ANAマイルにしかならないということです。

MEMO
1マイル=2円程度の価値があるとされています。これを前提とすれば、Tポイント:ANAマイルが2:1の交換レートというのは本来の価値に従った交換レートなので損をしているわけではありません。

 

「ソラチカ」「nimoca」があるとこう変わる!

しかし「ソラチカ」や「nimoca」があると、下の図のような交換レートを使うことができるようになり、最終的なANAマイルへの交換効率が飛躍的にUPします!

「ソラチカ」や「nimoca」を使った場合

ポイントの種類 ANAマイルへの交換ルート 交換レート
モッピー モッピー→Gポイント→LINEポイント→メトロポイント→ANA 81%
Gポイント Gポイント→LINEポイント→メトロポイント→ANA 81%
ハピタス ハピタス→Pex→ワールドプレゼント→Gポイント→LINEポイント→メトロポイント→ANA

ハピタス→Pex→LINEポイント→メトロポイント→ANA

ハピタス→Pex→nimoca→ANA

81%

約73.6%

70%

ちょびリッチ ちょびリッチ→Pex→ワールドプレゼント→Gポイント→LINEポイント→メトロポイント→ANA

ちょびリッチ→Pex→LINEポイント→メトロポイント→ANA

ちょびリッチ→Pex→nimoca→ANA

81%

約73.6%

70%

このように、Tポイントルートでは50%だった交換効率が、一気に最大81%にまで引き上がりました。

同じ10,000ポイントが、8,100マイルか5,000マイルなのかは陸マイラーにとっては見逃せない圧倒的な差となります。

「メトロポイントルート」では81%の効率が際立ちますが、「nimoca」は交換率こそ負けるものの少ない交換回数でANAマイルまで辿り付けるのが魅力です!交換回数が多いとANAマイルに辿りつくまでに何ヶ月もかかりますし、どこにどれだけポイントがあるのか分からなくなってしまうというデメリットがあります。

 

「ソラチカ」と「nimoca」のデメリットについて検証

交換効率を大きく引き上げることができる「ソラチカ」と「nimoca」ですが、デメリットも存在します。

  • クレジットカードの年会費がかかる。
  • 審査に通らない可能性がある。
  • 決済用のクレジットカードとしての機能はいまひとつ

大きくはこの3つ。

年会費は、いずれのカードも2,000円(税別)必要です(初年度は無料となっていることが多い)。しかし入会時に1,000マイル、更新時にも毎年1,000マイルをもらうことができるので、1マイル=2円の価値と考えると損することはありません。

また「nimoca」の場合は、「マイペイスリボの登録+年間1度の決済(10円の決済でもOK)」の条件を満たせば年会費が751円(税別)に割引きされるので、751円で2,000マイルをバイマイルしたと考えれば、かえってお得になりますね。

クレジットカードなので、審査だけはパスしないとどうにもなりません。公開されている入会基準としては、「18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方、または高校生を除く18歳以上で学生の方」となっているので、大学生でもOKですし、主婦の方でもOKのはず。決してハードルが高いクレジットカードではありませんから過去に支払遅延などの履歴がない方であれば問題なく発行できると思います。

それと、決済用のカードとしては余りオススメできません。細かく書くと長くなるのでここでは省略しますが、要は決済によるポイント還元率が悪い・・・のです。決済用のクレジットカードとしてはもっともっと優れたカードが山ほどあるので、そちらを使った方が効率的かと思います。その辺りの話はまた別の記事としてアップしたいと思っています。

 

結局「ソラチカ」と「nimoca」どちらを選ぶべき?

では「ソラチカ」と「nimoca」、一体どちらを発行すればいいのだ?ということになりますが、私が出した結論は・・・

結論:「ソラチカ」の圧勝!  ただし、九州地方又は函館地域に住んでいる方なら「nimoca」もあり!

ソラチカ nimoca
年会費 2,000円(割引きなし) 2,000円(割引きで751円)
入会・更新時のマイル 1,000マイル 1,000マイル
交換効率 最大81% 最大70%
交換回数 多い 少ない
交換上限 18,000マイル/月が上限 なし
交換方法 ネット上で完結 九州・函館のポイント交換機まで行く必要あり

それぞれ一長一短ありますが、「nimoca」には交換方法に大きな難点があります。

それは、nimoca→ANAマイルのところの交換が、九州・函館地域に設置してあるポイント交換機を使わないとできないという点。そうです、現地に行かないと交換できないという極めて高いハードルが存在します。(交換機の具体的な設置場所はこちら

よって、交換機の近くに住んでいる方、仕事や帰省で交換機がある地方に定期的に行く用事がある方以外はオススメしません。

 

一方で、「メトロポイント」→「ANAマイル」への交換は、

1ヶ月あたり「20,000メトロポイント」→「18,000マイル」(交換効率90%)

と上限が設定されています。よって、ポイントサイトでどれだけたくさんのポイントを稼いだとしても、年間216,000マイル(18,000×12)以上を貯めることはできません。しかし「nimoca」にはこのような制限がないので、交換効率こそ落ちるものの、ポイントサイトで稼いだポイントを際限なくANAマイルに交換できるというメリットもあります。そういう意味では上級者向きのカードと言ってよいかもしれませんね。

更に、将来的に「LINEポイント」→「メトロポイント」の交換ルートが使えなくなる可能性も私はあると思っています。そういう意味でもANAマイラーにとって「nimoca」の存在価値は大きいと考えています。

そのような状況になる前に是非マイルをたくさん貯めて下さい。そうすれば「nimocaルート」だけになったとしても、貯めたマイルを使ってポイント交換のために九州や函館にふらっと訪れることができるようになりますから。

 

 

因みに私は両方キッチリ所有しています!

「ソラチカ」と「nimoca」を上手に使って、効率的にANAマイルを稼いで下さいね!(^_^)

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

by旅ガエル