『陸マイラーデビュー』したい方はこちら!

【ANA陸マイラー】マイルが1番貯まる最強カードは?メインカードにすべきはどれ?

旅ガエルです

ようこそブログにお越し下さいました。今日は、

ANA陸マイラーが日々の決済に使うべきクレジットカードについて検証します。

結論からするとやっぱり定番の「アレ」になりました!上の写真で既にバレてるっ

 

決済用メインカードにとって最重要なこと

決済だけで爆発的にマイルを貯める事は難しいものの、ANA陸マイラーとして決して外せないのが「クレジットカード決済」によって得られるマイル。

毎月20万円決済したとして年間240万円ですから、100円=1マイルとすればこれだけで24,000マイルもGetできます。日本-ハワイの特典航空券が35,000マイルなので(ローシーズン)、もう少し頑張れば決済マイルだけで毎年ハワイに行くことだって可能です。

毎月20万もムリ・・・とお考えの方も多いでしょうが、カード決済できるものを全て1枚のカードに集約すれば、そこそこいいところまでは届くはず。

毎月のスマホ代、電気代、ガス代、ガソリン代、日々の買物、プロバイダー費用、NHKなどなど、細かいところを全て積み上げていくことが重要です。※自営業者の方は国民年金の支払もクレジットカードで可能ですね。

私など、コンビニでコーヒー1杯買うときも迷わずクレジットカードで決済しています。最近のクレカは電子マネーも搭載しているので、レジで後ろに多くの人が並んでいても決済に時間がかかることもありません。

そう考えると、日々の決済に使うメインカードに最も求められる機能としては、決済でどれだけマイルが貯まるのか、マイル還元率が最も重要になってくるわけです!

 

ANAマイルを貯めるならやっぱりANAカード

ANAマイルを貯めるのはべつにANAカードでなくてもできますが、これからマイルを貯めていこうとする初心者が選ぶならANAカードがベストです(初心者でなくてもANAカードを選んで間違いありません。現に私も決済用のメインカードはANAカードです)。

なんといってもANAマイルを貯めることにある意味特化したカードですからね、当然と言えば当然です。

また、「ANAマイルを貯める」=「今後ANAの飛行機を利用する」ということになると思います。更にANAカードにしかない「便利なサービス」もありますから、ANAマイラーなら1枚は持っておくべきカードでもあります。

ANAカードだけの便利な機能

  • 機内販売10%OFF
  • ANA FESTA  10%OFF
  • ANAカードマイルプラス

機内販売10%OFF・・・機内でしか買えないANAオリジナル商品とか結構そそられるものがあったりしますよね。ANAカードで決済すれば自動的に10%OFFです。国際線だと魅力的な免税品も販売されてますが、これらも更に10%OFFとなります。私は普段値引販売が全くされていないBOSEのノイズキャンセリングヘッドホンを国際線の機内販売で購入しましたが、かなり安く買えてホクホクだった記憶がありますね!

ANA FESTA  10%OFF・・・空港にあるANA系列のお土産ショップ「ANA FESTA」での買物が10%OFFになります。これは結構頻繁に使いますし便利!3,000円のお土産を買えば300円安くなるので、ちりつも・・・ですがバカにできません。私はかなり頻繁に利用します。

ANAカードマイルプラス・・・特定のお店でANAカード決済すると、通常の決済マイルとは別にマイルが加算されます(100円or200円毎=1マイル:お店による)。有名なところでは、セブンイレブン、スターバックス、ENEOS、、出光、マツモトキヨシ、イトーヨーカドー、ニッポンレンタカー、コナカ、てもみん、ヤマダ電機LABI・・・などなど利用している方も多いのではないでしょうか?(詳しくはこちらで確認してみて下さいね)。

私もこのような感じで毎月少しだけですけどね、マイルプラスの恩恵をうけております(^_^)v

 

 

どのANAカード選ぶべきか?

ANAカードがいいのは分かりましたが、実はANAカードにはとてもたくさんの種類が発行されていて、選ぶのが簡単ではありません。

そこで、旅ガエル独自の視点からベストな1枚を選び出してみようと思います。

 

ANAカードには「一般カード」「ゴールドカード」「プラチナカード」と三種類のクラスあって、更にその中にもたくさんの種類のカードが存在しています。特徴をザックリ書くとこんな感じ

一般カード ゴールドカード プレミアムカード
カードの種類(海外在住者向けカード除く) 12種類 5種類 4種類
ブランド VISA、Master、JCB、AMEX VISA、Master、JCB、AMEX VISA、Master、JCB、AMEX
年会費 無料~7,000円(税抜) 14,000~31,000円(税抜) 70,000~155,000円(税抜)
入会・更新時マイル 1,000マイル 2,000マイル 10,000マイル
搭乗時ボーナスマイル 10% 25% 50%
100円決済あたりマイル付与率 0.5マイル(※1 1マイル 1.3~2マイル
国内線ANAラウンジの利用

※1・・・10マイルコース移行手数料(5,000~6,000円(税抜)/年)を追加で支払うと、100円=1マイルとなります。

 

旅ガエルの選択基準

  • 年会費が異常に高いプレミアムカードは除外
  • メインカードとしてどこでも決済したいのでブランドはVISAかMaster
  • コンビニ等の少額決済でも利用できる「後払い型」の電子マネーが搭載されていること
  • ポイントサイトで稼いだポイントを移行する際に「ワールドプレゼント」ルートが使えるカードがいい
  • カード年会費の割引制度で年会費を少しでも安くしたい

「年間500万円以上クレジットカード決済するような既に成功者の方」、「国内線ANAラウンジの利用に年会費に見合う魅力を見いだせる方」、「プレミアムカード独自の機能やステイタスに年会費に見合った魅力を感じる方」以外はプレミアムカードを所有するメリットはないと思います。

海外での利用を考えるとどうしても「VISA」か「Master」に行き着きます。AMEXは海外でもそこそこ使えますが、ダイナースなど海外では全く使い物になりません(元ダイナース所有者なので実体験に基づく個人的感想です)。
JCBもハワイなど「日本人が多く行く主要な観光地」であれば使えることも多いですが、「VISA」や「Master」に比べると使えないお店に珍しくなく遭遇します。

搭載されている電子マネーは「後払い型」でないとかなり不便です。EdyやSuicaなど事前チャージが必要なタイプだとチャージ自体手間ですし、残高を気にしておく必要もあって正直面倒ですね。

「ワールドプレゼント」ルートが何かというのはこの図を見てもらうのが一番でしょう!PexからGポイントにポイントを移行するためのルートのことです。このルートが利用できるようになると、(かなり手間はかかりますが)PexからLINEポイントまで100%でポイントを移行させることが可能になります(Pex→LINEポイントを直接移行も可能ですが、90.9%のレートになってしまいます)。

 

 

 

これら全ての条件を満たすものを選択すると下記の5枚のカードだけとなりました。ここから先は、この5枚のカードに対象を絞って話を進めて参ります。

  条件を満たすカード 年会費(税別:割引利用)
一般  ANA VISA Suicaカード、 ANA VISA nimocaカード、

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

751円
ゴールド  ANA VISA ワイドゴールドカード、

ANA Master ワイドゴールドカード

9,500円

要は三井住友カードが発行するANAカードということですね(^_^)

一般カードの3枚の中でどれを選ぶのかは特に優劣付けるのが難しいので好みでもよいと思います。Suicaを使う場面が多いなら「ANA VISA Suicaカード」、ポイント移行ルートとして「nimocaルート」を使いたいなら「ANA VISA nimocaカード」、東急百貨店系列の利用が多く見込まれる方なら「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」といった具合に選べばよいと思います。

また、ゴールドカードの2枚は、単純にカードブランドの違いなので、お好みでよいでしょう。

重要なのは、一般カードにするかゴールドカードにするかの選択です。これはなかなか悩むところが大きいのです。

 

結論から先に言うと、

年間100万円以上決済するならゴールド

です。これからその理由を説明しますね。

 

マイル還元率は、一般カード100円=0.5マイル、ゴールドカード100円=1マイルと説明しました。

年間100万円決済したとすれば、一般カード=5,000マイル、ゴールドカード10,000マイルとなりますね。その差5,000マイル。

しかしゴールドカードは年会費が高いわけですから、得られるマイル数だけで優劣は付けられません。

 

表にあるように、割引制度をフルに利用すれば一般カードは751円(税別)、ゴールドカードは9,500円(税別)にまで年会費を抑えることができるので、その差8,749円(税別)。ザックリ9,000円の差として考えましょう。

マイルの価値は、一般的には1マイル=2円と考えるのが妥当なので、年間100万円決済で得られるマイルの差が5,000マイル=10,000円の価値と捉えることができます。そうすると、年会費の差額9,000円はこの時点で十分ペイすることができました。

年間100万円の決済といっても月に換算すれば約83,000円ですから、全く不可能な数字ではありません。毎月支払う固定費(スマホ代、電気第、ガス代、ガソリン代など)だけでもそこそこの金額になるのではないかと思います。

 

なお、選び出した「一般カード」でも、10マイルコース移行手数料(6,000円(税抜)/年)を追加で支払うことで100円=1マイルのレートに変更することができます。そうすると751円+6,000円の年会費でゴールドカードで得られるマイルと同じだけのマイルを獲得できるようになりますから、3,000円程安い年会費で済ませることも可能です。

 

しかし、ゴールドカードには、一般カードにはないメリット(しかも飾りだけのメリットでなく実際に使えるメリット)がたくさんあるため、それを考慮すれば「10マイルコース移行手数料」を追加で支払うよりもゴールドカードを最初から選んだ方が遙かによいです。

旅ガエルが考えるANAゴールドカードのメリット

一般カード ゴールドカード
入会・更新時マイル 1,000マイル 2,000マイル
搭乗ボーナスマイル 10% 25%
三井住友ボーナスポイント 最大100円=0.1215マイル 最大100円=0.243マイル
ビジネスクラスチェックインカウンターの利用
国内空港ラウンジ(※1)の利用
付帯保険(※2 治療費用は対象外 治療費用150万(本人)
スーパーフライヤースカードへの切替

※1 利用できるのはカードラウンジで「ANAラウンジ」ではありません。

※2 保険についてはこちらのページで詳細に検討しています。参考にして下さい。

 

① 毎年もらえるマイルがゴールドカードの方が1,000マイル多くもらえます。1,000マイル=2,000円の価値ですから、「一般カード+10マイル移行コース」との年会費の差額はこの時点で殆どないと考えてよいと思います。

② 飛行機に搭乗した際のボーナスマイルが「少しだけ」多くもらえます。

③ 三井住友ボーナスポイントが、ゴールドカードは一般カードよりも2倍付与されます。表の数字を見て『旅ガエルせこ過ぎる~』という声が聞こえてきそうですが、見逃してはいけません。
三井住友カードには、前年の利用実績に応じたボーナスポイント制度(詳しくはこちら)があり、このボーナスポイントもANAマイルに交換することが可能です。ゴールドカードの決済で得られるマイルは100円=1マイルと書きましたが、2年目以降はこのボーナスポイントが加わります。ボーナスポイントを加えると100円=最大1.243マイルにまで交換率をアップさせることが可能。更に「まいペイスリボ」という制度を上手に利用すれば、100円=最大1.648マイルまで引き上げることも可能です(この点は別の記事として詳しくアップする予定です)。

④ ビジネスクラスチェックインカウンターの利用が可能になります。実はこれメリット大!年末年始やお盆の時期などはチェックインカウンターがかなり混み合います。ビジネスクラスチェックインカウンターは一般カウンターより遙かに空いているので、チェックインの待ち時間を大幅に減らすことが可能です。

⑤ これは三井住友ゴールドカードとしてのメリットですが、空港でカードラウンジ(詳しくはこちら)が無料で利用できます。普通に利用すると1,000~1,500円程度の費用がかかります。ソフトドリンクサービスもあったりするので使えるとやっぱり便利ですよ。旅ガエルもちょくちょく利用します。

⑥ 一般カードにも付帯保険は備わっていますが、一番重要な「治療費用」が対象外なので事実上保証がないのと同レベルです。ゴールドカードは(必ずしも十分な内容とまでは言えませんが)治療費用も150万円まで対象となっており安心できます(しかも自動付帯)。

⑦ この記事を読みに来た方であれば、将来的にANAの上級会員資格であるSFC(スーパーフライヤースカード)への入会を考えている方も多いのではないかと思います。一般カードからSFCカードへの切替はその時点で再度クレジットカード会社の審査があるため、SFCの条件を満たしていてもクレジットカード会社の審査を通過できなければ所持することができません。一方、ゴールドカードの場合は単純にSFCへの切換が可能で、切換時点でのカード会社の審査はありません。よって「SFCの条件を満たしたにも関わらずカードの審査に落ちてSFCカードを発行できない」という笑うに笑えない状況を回避できます。将来的にSFCへの入会を考えている方は最初からゴールドカードを所有するのがベストな選択だと思います。

 

まとめ

結局、ANA陸マイラーにとって一番のオススメカードは

「ANA VISA ワイドゴールドカード」又は

ANA Master ワイドゴールドカードとなりました。

上記では100万円以上の決済を前提としましたが、年間40~50万円程度しか決済しない場合でも、トータルでみると損はしないと思います

 

実際私のメインカードもこのように「ANA VISAワイド ゴールドカード」です!
※私はSFCに既に入っているので券面がSFCになっています。

 

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

by旅ガエル