『陸マイラーデビュー』したい方はこちら!

敢えて「デルタAMEXゴールド!」けっして改悪ではない!特に格安ツアー好きにメリット大のクレジットカード!

ようこそブログにお越し下さいました。

寝ても覚めてもマイルのことばかり考えている「旅ガエル」(@tabi_frog)です。今日は、

改悪を騒がれている「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」について、決して改悪なんかではないよ!・・・という記事です。

 

SFC&JGCのダブルホルダーでもある「旅ガエル」ですが、改悪改悪と騒がれているこのカード、実は近々発行しようと心に決めています。

今まで発行する気は全くなかったけれど、この改悪騒ぎとなったことで発行を心に決めました!

「あまのじゃく」と言われようが、ちゃんとした理由があってのこと。その辺りを詳しく説明していきますね!

あまのじゃくです!

旅ガエル

 

 

「デルタAMEXゴールドカード」の基本スペック

年会費 26,000円(税別)
家族カード年会費 1枚目無料(2枚目以降12,000円+消費税)
入会ボーナスマイル 8,000マイル
ファーストフライトボーナスマイル 10,000マイル(エコノミークラス)

25,000マイル(ビジネスクラス)

継続ボーナスマイル 3,000マイル
カード利用 100円=1マイル

100円=1.5マイル(海外利用)

100円=3マイル(デルタ利用)

手荷物宅配 1個無料

(羽田空港、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港)

ゴールドメダリオン 初年無条件付帯

(150万円以上決済で翌年付帯)

 

 

2018年に起きた「改悪」とは?

従来は、ただ単にこのクレジットカードを保有しているだけで、「ゴールドメダリオン」のステータスを得ることができました。

・・・が、2018年の条件変更によって、前年のクレジットカード利用実績によって翌年以降に得られるステータスが決まるという制度に変わったわけです。具体的には、

入会初年・・・無条件で「ゴールドメダリオン」

翌年以降・・・前年のカード利用実績が150万円以上→「ゴールドメダリオン」
前年のカード利用実績が100万円以上→「シルバーメダリオン」
前年のカード利用実績が100万円未満→「ステータス取得なし」

要するに2年目以降は年間150万円以上カード利用が必須となりました。「シルバーメダリオン」は正直あってもなくても大して変わらないステータスなので、年間150万円のカード利用が条件となった点が最大の条件変更ポイントです。

 

 

ゴールドメダリオンにより得られる特典

このクレジットカードの「1番のウリ」は、何といってもカードを所有するだけで(少なくとも初年は)デルタ航空の上級会員資格「ゴールドメダリオン」を得ることができる点。飛行機に一切乗らなくても上級会員になることができるという、もうわけの分からないカード。

AMEXのサイトにも、「ゴールドメダリオン」の特典がズラズラ~っと記載されています。たとえばこんな感じで・・・

ご旅行はより手軽に<直接発券手数料が無料>
デルタ航空予約センターやデルタ航空チケットオフィス窓口にて、航空券を発券する際、通常は発行手数料がかかりますが、ゴールドメダリオン会員様は直接発行手数料が無料となります。
専用チェックインエリアで、優先的に手続きできる<優先チェックイン>
デルタ航空をご利用の際、ご利用座席クラスに関わらず専用のビジネスエリート/ビジネスクラス、またはファーストクラス用チェックインエリアをご利用いただけます。
搭乗口で優先的に機内へご案内します<優先搭乗>
ゴールドメダリオン会員様は、優先的に機内へご案内させていただきます。一般搭乗が始まる前に余裕を持ってお座席への移動や機内持ち込み手荷物の収納が行えます。
お荷物を優先的にお受け取りいただけます<優先荷物取扱い>
お手荷物をお受け取りになる際に、受託手荷物受取所にて優先的にお手荷物を受け取ることができます。
満席時のキャンセル待ちも優先的にご案内<優先空席待ち>
ご予約の際にご希望の搭乗クラスに空席がない場合は、キャンセル待ちの順位において優遇が受けられます。
※ご購入された航空券にのみ、本特典が適用されます。
ゆとりある座席でフライトを快適に<デルタ・コンフォートプラス>
デルタ航空の一部国際線路線にてご利用いただける、ワンランク上の「デルタ・コンフォートプラス」へゴールドメダリオン会員様はご出発の72時間前に空席があれば無料でアップグレードいただけます。エコノミークラスに比べて足元が広く、リクライニング角度も大きな座席にてゆとりあるひとときをお過ごしいただけます。さらに、頭上の荷物棚の専用スペース、および「デルタスタジオ」のプレミアムなエンターテインメントをご利用いただけます。

 

しかしながら、デルタ航空をバンバン利用するという方は決して多くないと思います。実際私もデルタは過去に一度しか乗ったことがなく、今後も特別選んで乗りたいと思うほどの航空会社でもありません。よって、このゴールドメダリオンのステータスによって直接的に得られるメリットは正直少ないです。

ではどうして?・・・という事ですが、それは「ゴールドメダリオン」になることによって、その先に「スカイチームのエリート・プラス」のステータスが付属しているからに他なりません。

注意
家族カードが1枚目無料で発行できますが、「ゴールドメダリオン」の資格は本会員のみに与えられ、家族カード会員には付与されません。この点は十分注意しましょう。
注意
「ゴールドメダリオン」のステータスがもらえるのは「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」だけであって、こちらのカードは付与されないので十分注意!

 

 

スカイチームの「エリート・プラス」とは?

「スカイチーム」とは、スターアライアンスやワンワールドと並ぶ、世界三大航空アライアンスの一つ。日本の航空会社は加盟していないアライアンスなので、日本人にとっては1番馴染みの少ないアライアンス。

ただ、加盟航空会社20社を擁し、加盟数ではスターアライアンスに次いで2番目の規模。

具体的な航空会社としては、

デルタ航空、エールフランス航空、KLMオランダ航空、大韓航空、中国東方航空、中国南方航空、厦門航空(XIAMEN AIR)、チャイナエアライン、ベトナム航空、ガルーダ・インドネシア航空、 アエロメヒコ航空、アルゼンチン航空、アリタリア航空、エア・ヨーロッパ 、アエロフロート・ロシア航空、タロム航空、チェコ航空、サウディア、ミドル・イースト航空、ケニア航空

の20社。特に中国・東南アジアの航空会社の参加が多くなってます

 

スカイチームの発足時メンバーでもあるデルタ航空の上級ステータス「ゴールドメダリオン」になると、同時にスカイチームの「エリート・プラス」というステータスを得ることができます。スターアライアンスでいうところの「スターアライアンスゴールド」、ワンワールドでいうところの「ワンワールドサファイア」に相当するステータス。

MEMO
「スターアライアンスゴールド」や「ワンワールドサファイア」のステータスを得ようと思うと、飛行機に乗りまくる「修行」が必要になります。修行には概ね50~60万円の費用がかかります。その修行をすることなくクレジットカードの発行だけで上級会員ステータスを得ることができるこのカードはある意味「神カード」と言えます!

 

スカイチーム「エリート・プラス」になると、スカイチーム20社利用時に多くの特典を受けることができます。代表的なものをピックアップするとこんな感じ。

ラウンジアクセス 優先パスポート審査と優先保安検査レーン 座席の優先指定
優先チェックイン 受託手荷物の優先的なお取扱い 手荷物制限の追加
優先搭乗 空港での空席待ち優先

内容的には、「スターアライアンスゴールド」や「ワンワールドサファイア」と略ほぼ共通ですね。


※画像はスカイチームHPより引用

 

 

今後の動向予測

このような圧倒的なメリットを、従来はカードを保有してるだけで継続的に得られたのですから「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は陸マイラーにはかなり人気があったカードの一つ。

ただし今回の改悪(私は「改悪」と思いませんが世間がそういってるのでそれに従います)は、そういった陸マイラーには相当堪えたようで、ネット上でも不平不満がバンバンと投稿されていました。

恐らく今回の改悪によって、相当数がクレジットカードの解約に向かうと「旅ガエル」は予想しています。現保有者の7~8割くらいは解約するのではないでしょうか?

 

私は逆にそこをメリットと捉えました。

スカイチーム系列の航空会社に実際に乗って、正規ルートで上級会員資格を保有している日本人は決して多くはないはずです。殆どが「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」を利用した「なんちゃってエリート・プラス」だったことが強く予想されます。その人達の多くが解約によっていなくなれば、日本に発着するスカイチーム系航空会社の便で、エリート・プラス資格を有する人もそれに連動して激減するはず。

そうなれば、座席のアップグレード確率も上がるだろうし、空港ラウンジも空いてて快適になるのではないかと思うわけです。

もちろん蓋を開けてみないとどうなるのかわかりませんが、私はそう読んでます。

そこで、改悪前からのカード保有者の解約が完了するであろう2019年6月頃を目処に、「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」を発行しようと思っています。

おいらも発行狙ってるよ!

旅ガエル

 

確かに、年間150万円以上の利用は低いハードルではありませんが、そうであるからこそ今までウヨウヨしていた「なんちゃってエリート・プラス」が減ってくれる訳ですよ。

このカードの発行を検討している方であれば、少なくとも年1~2回程度は海外にいく予定がある方が多いと思います。その際の航空券やツアー代金の支払をこのカードで決済すればもうかなりの額になりますよね。

さらに、毎月支払う固定費(電話、電気、ガス、水道、ガソリン代など)の引き落としをこのカードに集中させ、日々の支払もこのカードに集約すれば、毎月10万円程度にはなってくるはず。そうすればそれだけで120万の利用額になるので、それ程無理せずに「ゴールドメダリオン」のステータスを維持可能です。

私自身もそのような使い方をイメージしてます。

 

 

お得な使い方

私はSFCもJGCも持っているので、どうしてもスカイチーム「エリート・プラス」がないと困る・・・というわけではないのですが、格安ツアーを利用する場合などスカイチーム系の航空会社がそういったツアーに設定されているケースが非常に多いです。そういった時に、ラウンジや優先レーンの利用は本当にありがたい。

友人と一緒に安いツアーを利用した場合でも、スカイチーム「エリート・プラス」があれば、その友人も一緒にラウンジに入ることが出来ますし(同伴者1名までOK)、ちょっと自慢だってできるし実際にありがたがられると思います。

ラウンジだけを考えると「プライオリティパス」を発行するという手段もあります。しかしプライオリティパスを発行しようと思うと最低でも1万円の年会費のクレジットカード(例えば楽天プレミアムカード)を発行する必要があるので、「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」との年会費の差は16,000円。

プライオリティパスのラウンジよりも航空会社のラウンジの方が遙かにランクが上ですし空いてます。実際、プライオリティパスのラウンジはかなり混み合っていることが多いです。食事もそれ程充実してません。更にプライオリティパスの場合、同伴者は1人32ドル請求されるので、おいそれと友人を招くわけにもいきません。

それ以外にも「優先レーン利用」や「座席のアップグレードの可能性」があること等々を考えれば、16,000円の差は十分納得できる金額。

 

「どこのステータスも持っていないし、わざわざ「修行」する気も起きないけど、格安ツアーを使ってちょくちょく海外に出掛けるようなカップルや熟年夫婦」といった方々であれば、このカードのメリットを最も引き出し活用できるのではないでしょうか。十分に元を取れるカードだと思います!

 

 

おまけ

デルタ航空は「ニッポン500」というちょっと変わったキャンペーンを継続的にやっています。

日本の国内線に乗ってそれを申請すると、一搭乗につきデルタの「500マイル」がもらえるという大変有り難いキャンペーン。

通常は年間10搭乗分(=5,000マイル)が上限ですが、「ゴールドメダリオン」ステータス保有者の場合は、年間上限が40搭乗分(=20,000マイル)まで引き上げられます。

出張などで国内線に頻繁に乗る方は、これを使えば毎年最大20,000マイルを得ることも可能になります。

この点詳しくは別記事として纏めているので是非お読み下さい!
デルタ「ニッポン500」国内線に乗って申請→誰でもデルタ航空500マイルがもらえる!~2019年3月まで継続中

 

 

マイルを貯めるのはとっても楽しい!

マイレージ制度は知れば知るほど奥行きがあって本当に面白いです。またマイルにも色んな使い道があって、本当に楽しいですよね。

私はマイルの魅力にどっぷりとハマってしまいました(^_^;)

一日中マイルのことしか考えてないよ

旅ガエル

たくさん貯めて思いっきり使いましょうね(^▽^)

【関連記事】
【裏ワザ?】初心者向けANAマイルの貯め方・陸マイラーになろう!JAL派の方も! ANAの上級会員「SFC」はマイル修行してまで取る価値・必要があるのか? JALの上級会員「JGC」はマイル修行してまで取る価値・必要があるのか?

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

by旅ガエル(@tabi_frog